「ラスト・オブ・アス」実写ドラマが配信開始 !

アバター2/ウェイオブウォーター相関図・家系図!キャラ関係を解説!

アバターの2作目「アバター・ウェイオブウォーター」の相関図・家系図をまとめていきます。

今作からキャラクター数が増え、ややかしい部分がありますので、図を使って整理していきます。

この記事では、ウェイオブウォーターの内容を含みます。

ですので、2作目を視聴してから、情報整理の目的で活用してもらえるといいと思います。

 

アバター1作目はディズニープラスで見放題。

アバター“見放題”

月額990円でアバター1作目が見放題!

 

dアカウントをお持ちの方は、以下リンクからの登録がおすすめです!


アバター2/ウェイオブウォーター相関図・家系図!

ウェイオブウォーターの相関図・家系図を一つの図にまとめると以下の通り。

>>映画アバター1の相関図!登場人物の関係を図で解説!

映画アバター1の相関図!登場人物の関係を図で解説!

ウェイオブウォーターの人物関係

今作では大きく3つの組織、部族が登場。

  • オマティカヤ族
  • メトケイナ族
  • RDA社

森の民;オマティカヤ族は1作目の主人公ジェイク・サリーの家族を中心に彼らに関わる人物が登場。

ジェイクの家族は以下の通り。

  • 父;ジェイク・サリー
  • 母;ネイティリ
  • 長男;ネテヤム(15歳)
  • 次男;ロナク(14歳)
  • 長女;トゥク(7歳)
  • 養子;スパイダー(16歳)
  • 養子;キリ(14歳)

オマティカヤ族

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1294461

父親ジェイクは1作目のラストで、アバターに精神を移し、人間の姿に戻らなくてよくなりました。

母親ネイティリは純ナヴィ。

二人の子供のネテヤム、ロナク、トゥクは、アバターのナヴィのハイブリッド種。

アバターとその子供が5本指なのに対し、ナヴィは4本指です。

 

そして、ジェイクとネイティリの養子がキリとスパイダー。

キリは、1作目に登場したグレイス・オーガスティンの娘。

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1292400

グレイスは1作目で亡くなりますが、なんと彼女のアバターにキリが宿っていたのでした。

キリの両親については下の記事にまとめています。

>>【アバター2】キリの父親は誰?出自について考察!【ウェイオブウォーター】

 

そして他の子供たちとは異なり人間の姿のスパイダー。

彼の父親は1作目のクオリッチ。今作では彼の記憶を持ったアバターが登場。

スパイダーの両親については下の記事にまとめています。

>>【アバター2】スパイダーの母親は誰?ネイティリとの関係は?

1作目から続投のノームとマックスは、スカイピープルですが、ナヴィの受け入れられています。


メトケイナ族

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1294465

続いて海の民;メトケイナ族。

海中移動に適した太い腕・尻尾が特徴的。

メトケイナ族のリーダートノワリの家族は以下の通り。

  • 父親;トノワリ
  • 母親;ロナン
  • 長男;アオヌング
  • 長女;ツィレヤ

メトケイナ族は、トゥルクンと魂の兄妹という強い絆で結ばれています。

トゥルクンは群れで行動しますが、あることをきっかけにパヤカンは単独行動することになります。

RDA社

最後にRDA社のスカイ・ピープル。

1作目の最後に去ることになった人間たちは再びパンドラに。

今度は貴重資源を求めてというよりは、地球の新たな故郷にするためパンドラの開拓を進めます。

RDA社の主要キャラは以下の通り。

  • マイルズ・クオリッチ
  • ライル
  • フランシス・アードモア
  • ミック・スコーズビー
  • イアン・ガーヴィン

前作でネイティリ矢で命を落としたクオリッチは、死ぬ前の記憶データをもとにアバターとして復活。ライルも同じく。

RDA社で指揮をとっていたのは、女性指揮官のフランシス・アードモア。

今作の舞台となる海では、狩猟船の船長ミック・スコーズビーが、トゥルクンの天然物質を狙います。

彼をサポートする形で、海洋生物学者イアン・ガーヴィンが登場しました。

>>ウェイオブウォーターの続編はいつ?アバター3・4・5の公開日を調査!