ワンダーウーマン1984のラストの女性はアステリア?エンドクレジットのシーンを解説!

ワンダーウーマン1984が公開されました。

今回は映画のラストシーンに注目して見ていきたいと思います。

最後に出てきた女性は一体誰なのか調査していきます。

注意
この記事ではワンダーウーマン1984のネタバレを含みます

ワンダーウーマン1984のラストの女性は誰?

エンディングの後、青いスカーフを身にまとう女性が登場。彼女は倒れてきた柱を片手で支えました。

振り返る前はガル・ガドット演じるワンダーウーマンと予想していましたが別人でしたね。

そして彼女は助けた女性に自身について「アステリア」と答えます。

一体この女性は誰だったのか。

実は彼女を演じていたのは、リンダ・カーター。かつてテレビドラマ「ワンダーウーマン」で主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを演じていた女優さんです。

1975年から1979年までワンダーウーマンを演じた、いわば元祖ワンダーウーマン。

プロフィールと当時の画像がこちら。

  • 名前:Lynda Carter
  • 生年月日:1951年7月24日(69歳)
  • 出身:アメリカ合衆国アリゾナ州フェネクス
  • 職業:女優
  • 代表作:ワンダーウーマン(1975-1979)

うっすら昔の面影があるでしょうか。

 

そして彼女のアステリアという発言から、かつてアマゾン族の最強戦士でゴールデンアーマーは身にまとい戦っていた人物であったことがが判明します。

おそらく彼女は映画冒頭に行われた競技で優勝しゴールデンアーマーを勝ち取ったのでしょう。

ワンダーウーマン1984の子役は誰?冒頭に登場した女の子を調査!

 

DCEUの次の作品は?

今回エンドクレジットの後には映像がなく、ワンダーウーマ1984の続編やワンダーウーマンが属するDCEUの次の作品については何も明かされませんでした。

ワンダーウーマンの続編はとりあえずないですかね。

DCEUの次の作品はスーサイド・スクワッドの2作目となる「ザ・スーサイド・スクワッド」です。2020年12月現在、撮影は終了しており公開日は2021年8月6日全米公開となっています。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのジェームズ・ガンが監督を努め、ハーレイクイン役のマーゴット・ロビーが続投。

ワンダーウーマンと同じ世界DCEU/(DCユニバース)に属しているので、今後共演するかもしれません。

ただ、いまのところDCはマーベルのアベンジャーズのようにクロスオーバーで世界観を広げる計画はないようなので、再びスーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンが同じスクリーンで見れる可能性は低いです…

DC作品は今回のワンダーウーマン1984のような単独作品が続いていくイメージでいいと思います。

スーサイド・スクワッド2の登場人物キャストは?続編でジョーカーの登場はある!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA