ドクター・ストレンジ2 配信開始!

スーパーマンはなぜ死んだ?バットマンvsスーパーマンの最後を考察!

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=616511

DCEUの2作目、バットマンvsスーパーマン ジャステイスの誕生。

今回はこの映画における最後について考察します。

果たして、バットマンvsスーパーマンのラストでスーパーマンは死んだのか。死亡したとしら何が死因だったのでしょうか。

注意
この記事ではバットマンvsスーパーマン ジャステイスの誕生のネタバレを含みます

バットマンvsスーパーマンのラストでスーパーマンは本当に死んだのか

スーパーマンはなぜ死んだ?

物語の終盤、マン・オブ・スティールでスーパーマンと戦ったゾッド将軍がドゥームズデイとなって復活。

周囲のエネルギーを吸収しパワーアップし続けるドゥームズデイに対し、バットマン、ワンダーウーマン、そしてスーパーマンが立ち向かいました。

最後はスーパーマンがクリプトナイトの槍でドゥームズデイに突き刺して倒します。ところが、その直後にドゥームズデイが右腕をスーパーマンの胸に突き刺したのでした。

このとき、誰しもがスーパーマンは死んだと思ったでしょう。

実際、最終決戦の数日後、メトロポリスではスーパーマンの追悼式が行われました。

 

そもそも鋼の男であるはずのスーパーマンが、なぜ致命傷を負ったのか。

 

それはクリプトナイトが原因です。

原作コミックの設定と同様に、スーパーマンはクリプトナイトが弱点でした。

クリプトナイトとは、スーパーマンの故郷であるクリプトン星の鉱物です。この鉱物の近くでは、スーパーマンは本来の力を発揮できず、肉体も普通の人間と変わらなくなってしまいます。

少し前のバットマンとスーパーマンの対決で、一時的にバットマンがスーパーマンに攻撃できたのも、このクリプトナイトのおかげでした。

スーパーマンは本当に死んだのか

話を戻すと、スーパーマンの追悼式のあと、故郷のスモールヴィルでもクラーク・ケントの葬式が行われました。

マーサをはじめ、デイリープラネットの社員やブルース、そしてダイアナらも出席。

 

葬式の最後でロイス・レーンが棺桶が入った堀に土を投げ入れます。彼女がその場を離れると、一瞬だけその土が浮遊し映画の幕が閉じました。

このシーンでスーパーマンは生きているのでは?と思った方が多いはず。

この映画だけではスーパーマンが死んだのか、まだ生きているのかは判断できないでしょう。ただ、スーパーマンは実は生きていて、わずかに残った自身の力で土が浮かせたと考えられます。

しかし、コミックの設定を見たところスーパーマンにヒーリングファクターの能力がないため、どのように回復したのかは謎。

 

おそらく、続編でスーパーマンが復活するための伏線を作りたかったのでしょう。

スーパーマンの生死については、バットマンvsスーパーマンの続編「ジャスティス・リーグ」で語られています。

なお、ジャスティス・リーグの完全版「ジャスティス・リーグ/ザック・スナイダーカット」はU-NEXTで見放題!

U-NEXT

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA