Disney+でファルコン&ウィンター・ソルジャー配信中!

マイインターンの日本語”サヨナラ”の意味は?なぜお寿司が登場?

アン・ハサウェイ主演の映画「マイ・インターン」。

今作では、日本語の「サヨナラ」や日本食のお寿司が登場し、日本人にとってはハリウッド映画でなぜ日本にゆかりのあるものが登場したのか気になったのではないでしょうか。

今回はこれらについてと、最後のシーンの太極拳の意味について掘り下げていきます。

注意
この記事では映画「マイ・インターン」のネタバレを含みます

まだ見てない方は、ぜひU-NEXTで!

マイインターンでなぜ日本語の”サヨナラ”やお寿司が登場?

マイ・インターンでは、アン・ハサウェイ演じるジュールズ・オースティンとロバート・デ・ニーロ演じるベン・ウィテカーが、別れ際に日本語の「サヨナラ」を言い合う場面が何回かありました。

また、ジュールズがオフィスでお寿司を食べるシーンもありましたね。

 

サヨナラについて監督のナンシー・マイヤーズさんは、次のように答えています。

また劇中に「サヨナラ」というセリフが出てくる理由について、「普段、親友との食事のあとなどに日常的に交わす挨拶で、温かいイメージだったのでそこからヒントを得て使ったのよ」と明かした。

アン・ハサウェイ、デ・ニーロとの初共演を「最初は息もできなかった」と回想 – 映画ナタリー

どうやら監督が日本語の挨拶に温かみを感じていたようです。

ナンシー・マイヤーズさんは日本がお好きなようで、日本人としては嬉しい限りですね。

日常的にサヨナラを言うことから、彼女の親友は日本人ですかね。

お寿司が出てきた理由については不明ですが、おそらく、いきなりサヨナラを言い合うのは不自然ということで、ジュールズが日本好きという設定にしたのだと思います。

二人は別れの際に、ジュールズの方からサヨナラを言いますが、このときベンもナチュラルにサヨナラを返しました。

 

ベンはジュールズの会うまで日本についての知識はあまりなかったと思います。

しかし、一番最初の仕事で醤油のシミがついたジュールズのジャケットを回収するところで、彼女が日本好きであることに気づいたのでしょう。

太極拳をするなど、探究心が強く気配りができるベンなら上司の趣味嗜好もしっかりインプットしていたように思いますね。

【マイ・インターン】アン・ハサウェイの年齢や衣装は?髪型や時計もチェック! 【ネタバレ】オーシャンズ8のダニーは死んだ?アン・ハサウェイは仲間に!?

 

ここをクリック

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントで「マイ・インターン」が無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。アン・ハサウェイ出演する作品10作品も見放題。

ビデオ見放題サービス月2,189円のところ31日間無料。

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA