エンドゲームのタイムトラベル理論に矛盾はある?時間軸の仕組みを解説!

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1005131

アベンジャーズ/エンドゲームではインフィニティ・ストーンを回収する過程でタイムトラベルが行われました。

今回は複雑なエンドゲーム、及びMCUにおけるタイムトラベルの理論や時間軸の仕組みについて解説していきます。

6月より配信スタートするドラマ「ロキ」ではエンドゲームで生まれたタイムラインや時間軸がキーとなると予想されるので、ここで一度整理しておきたいと思います!

注意
この記事ではアベンジャーズ/エンドゲームのネタバレを含みます

初回31日間無料 マーベル25作品以上見放題

その後はわずか月額¥770

エンドゲームのタイムトラベル理論

過去を変えるとその時点から新しい時間軸が発生

エンドゲームでバナーが解説していましたが、エンドゲームのタイムトラベル理論は「過去を変えるとその時点から新しい時間軸が発生するだけ」。

つまり、過去を変えてもオリジナルのタイムラインの出来事には影響を及ぼさないのです。

そのため、二人のキャップが戦っても、2023年のネビュラが2014年のネビュラを殺しても問題ありませんでした。ここに時間軸による矛盾はないのです。

 

劇中にもピックアップされていたバック・トゥ・ザ・フューチャーやターミネーターは「過去を変えると未来が変わる」という設定なので、過去を変えるとオリジナルのタイムラインが今までとは異なるものになり、違う未来となってしまいます。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの理論では、ネビュラは自分を殺した時点で消えていたでしょうね。

バタフライ効果により無数の時間軸が発生するのでは?

些細な出来事が後にとんでもない現象を引き起こす「バタフライ効果」を考慮すると、アベンジャーズがタイムトラベルした時点で無数の時間軸が生まれている可能性があります。

例えば、キャップがピム粒子を盗んだことやハワードがトニーと出会うシーン、ラストでキャップがペギーをダンスをしたこともそうでしょう。本来起こるはずがないイベントがいくつも発生していますので、そこから新しいタイムラインができていると考えられます。

インフィニティ・ストーンによる新しい時間軸の発生だけ考慮する?

おそらくエンドゲーム及びMCUの設定では、あくまでもインフィニティ・ストーンが関与する新しい時間軸の発生だけ、今後も扱うと予想されます。

 

劇中、エンシェント・ワンがバナーに次のように言っていました。

インフィニティ・ストーンが生み出す現実は一つの時間の流れ

ストーンを一つ取り除けば、流れが変わる

あなたの世界にとってはいいことでも、私の世界では仇をなす

その新しい流れの中では、我らは闇の力と戦う武器を持たない

我らの世界は制圧、何百万人もが苦しむ

つまり、オリジナルのタイムラインからストーンを取り除くことで新しいタイムラインが発生。そして、その新しい時間軸ではストーンによって保たれていたバランスが崩れ、闇の世界になるかもしれないということ。

だから、最終決戦の後、キャップはインフィニティ・ストーンを戻し再びタイムトラベルしたのでした。これでストーンを回収したことによる新しいタイムラインの発生を帳消しにしたわけです。

 

MCUの世界ではインフィニティ・ストーンを取り除かない限りは、バタフライ効果のような現象は起こらず、均衡がたまたれるということでしょう。

ロキによって新しいタイムラインが発生

ただ、2012年のニューヨークでロキが四次元キューブを持って、どこかえ逃げてしまいました。

これによりエンシェント・ワンが懸念していた新しい時間軸が生まれ、そこではインフィニティ・ストーンがもたらす均衡が崩れていると予想されます。

 

ドラマ「ロキ」の予告編でロキがTVA(Time Variance Authority)に捕まったことが明らかになっていますが、この理由はおそらく、彼がストーンを持ち出したことで、バランスが崩れかけたからでしょう。

予告編では崩壊したニューヨークにロキがいる場面がありました。

このロキがどの時点で派生した時間軸かは未だ不明です。しかし、これはエンシェント・ワンが予想していた「闇の力によって制圧された世界」ということで間違いないですね。

 

初回31日間無料 マーベル25作品以上見放題

その後はわずか月額¥770

Disney+ (ディズニープラス)なら、31日間無料トライアル登録特典でアベンジャーズ/エンドゲームやX-MENといったマーベル25作品以上が見放題!

オリジナルドラマ「ワンダヴィジョン」、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」そして「ロキ」が見れるのはディズニープラスだけ!

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

Disney+ (ディズニープラス)

※2019年までに公開されたマーベル・スタジオが制作するMCU作品の内、アイアンマン1作目、インクレディブル・ハルク、スパイダーマン/ホームカミング、そしてスパイダーマン/ファーフロムホームはディズニープラスで視聴できません。X-MENシリーズは一部の作品がディズニープラスで視聴可能。詳しくはDisney+ (ディズニープラス)公式ページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA