アベンジャーズ/エンドゲームの矛盾や謎につつまれたこと!疑問点を整理してみた!

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1001031

今回はアベンジャーズエンドゲームの謎や疑問点、矛盾している部分についてまとめました。

アベンジャーズ/エンドゲームの矛盾

二人いるアントマン

最終決戦でアントマンは巨大化した姿で登場。しばらくしてバンの量子トンネルを起動するため人間姿に戻りますが、その後、巨大化したアントマンが戦っている姿が映っています。

ラストのキャップは超人血清で老人にならないのでは?

インフィニティ・ストーンを戻しに行ったキャップは老人の姿で登場。

超人血清で老化しないはずでは?と思っている方がいるかもしれません。

実は、キャップが70年間若い姿で要られたのは、超人血清の力ではなく、氷漬けで細胞が老化しなかったためです。

ラストの老人キャップが盾を入手できるのはおかしい?

老人キャップは盾をもって登場。盾は最終決戦でサノスに破壊されているため、過去から持ってくることができません。

ですから、おそらく今までキャップが使用していた盾をある時点から持ってきたのではなく、別の盾を用意したのだと思われます。

ネビュラがネビュラを殺せた理由

最終決戦で2023年のネビュラが2014から来たネビュラを射殺。ところが、2023年のネビュラは消えることはありませんでした。

これは、エンドゲームのタイムトラベル理論が「過去を変えても新しい時間軸ができるだけ」だからです。

バック・トゥ・ザ・フューチャーのように過去を変えると未来が変わる訳ではないため、過去の自分を殺しても、その時点からネビュラが存在しないタイムラインが発生するだけ。オリジナルのエンドゲームのタイムラインに生きる2023年のネビュラには影響を及ぼしません。

アベンジャーズ/エンドゲームの謎や疑問点

キャップはどうやってインフィニティ・ストーンを戻した?

エンドゲームのラストでキャップはインフィニティ・ストーンを元の場所に戻しに行きますね。

果たして彼はどうやってストーンを戻したのでしょうか。

マインド・ストーンがもともと四次元キューブだったように、インフィニティ・ストーンはもともと別の形で存在していました。ですから、石の状態からどうやってキューブや液体のにしたのか気になるところです。

ソウル・ストーンは誰かを犠牲にしないと手に入れられないわけで、その逆はどうやってやるのでしょうかね。リアリティ・ストーンに限っては、もともとエーテルとしてジェーン・フォスターの体内にあったものですから戻すのは難しそうです。

1400万605通りの意味

インフィニティ・ウォーでドクター・ストレンジが1400万605通りの未来を見て、唯一サノスに勝つ方法がトニーの指パッチンでした。

この1400万605という数字が何を表しているのか気になった方がいるでしょう。

しかし残念ながら、この数値の意味は明らかになっていません。

ペガサスはどこから?

アッセンブルのシーンで、ヴァルキリーはペガサスにとって登場。

ペガサスは、かつてヴァルキリーの戦士がヘラと戦ったときに乗っていた白い馬。マイティ・ソー/バトルロイヤルの回想シーンに登場しています。

 

はたして、このペガサスはどこから地球にやってきたのでしょうか。

バトルロイヤル終了時点でアスガルトは崩壊しているので、別の場所から送り込んだと予想されます。地球にやってきたタイミングも謎ですが、サノス軍から逃げたときか空白の5年の間でペガサスを用意したと予想されます。

なぜキャップは4本のピム粒子をもっていった?

1970年にタイムスリップしたキャップはピム博士のラボからピム粒子を4本持ち去ります。

2023年に戻る分だけで十分ですので2本だけでよかったはず。

余裕を持って4本持っていったのか、それとも咄嗟の判断で数える暇もなく、あった分を全部もっていったのでしょうか。

もしかしたら、タイムスリップしてペギーと再会するというプランを考えていたのかもしれません。

トニーは何を願って指パッチン?

最後のトニーの指パッチンで彼が何を願ったのかも謎です。

インフィニティ・ストーンを6つ集めて指パッチンすることで、どんな願いも叶います。サノスは半分を消す、バナーは消えた人々を取り戻すと願いました。

 

おそらく、サノス軍を消すことを願ったのでしょう。

2014年から来たガモーラは元々サノス軍でしたが、最終決戦ではアベンジャーズの一員として戦っていたので、指パッチンの時点ではサノス軍としては扱われず、トニーの指パッチンを免れたのだと思います。

エンドゲームでアイアンマンはなぜ指パッチンに耐えられた?最後のセリフI am Iron Manの意味は?

サノス軍はどうやって2023年に来た?

タイムスリップには一人一本のピム粒子が必要です。しかし、サノスが発見したのは2023年のネビュラがもっていたピム粒子1本。この粒子からどうやって全員をタイムスリップさせるピム粒子を生成したのでしょうか。

そもそもサノス軍のバカでかい艦隊をどうやって呼び寄せたのかも謎です。

 

スパイダーマン/ホームカミングに登場したチタウリのエナジーコアの破壊力から、サノス軍の資源やテクノロジーは地球のものを越えていると考えると、タイムスリップするのは容易だったのかもしれません。

ガモーラのその後は?

エンドゲームの未公開映像でガモーラがトニーの指パッチンを免れ、最終決戦の後どこかえ消えてしまったことが判明。

彼女の行方は明らかになっていません。おそらく2023年公開予定のガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3でわかるでしょう。

ロキのその後は?

2012年のニューヨークにて、アベンジャーズが四次元キューブの獲得を失敗。代わりにロキがキューブを持ってどこ変え消えてしまいました。

彼の動向は2021年6月配信予定のドラマ「ロキ」で明らかになります。

ドラマの予告編からロキはTVA(Time Variance Airthority)と呼ばれる機関に捕まってしまいます。この組織は時間の流れを管理している機関であり、新しいタイムラインを作りかけたロキを逮捕したのでしょう。

ドラマ「ロキ」の予告編を考察!TVAの目的は?ナターシャ/ブラック・ウィドウが登場!?

70年間キャップは何をしていた?

エンドゲームのラストで、キャップはインフィニティ・ストーンを返したあとタイムスリップで戻らず、ペギーとダンスをして彼の人生を送るのでした。

彼はあの後、ペギーと結婚。子供を二人授かるという流れになっています。

エンドゲームでキャプテンアメリカはなぜ老人に?最後のシーンの矛盾やペギーとの結婚を考察!

ハルクの精神はどうなった?

5年間の間、ハルクことブルース・バナーはハルクの肉体とバナーの精神を融合。プロフェッサーハルクとして進化を遂げました。これによりハルクの精神はどこへ行ってしまったのでしょうか。

インフィニティ・ウォーの序盤でサノスにボコボコにされたハルク。このときの精神的ダメージが大きかったのか、ハルクはその後変身したがりませんでした。

ですので、エンドゲームでは、どのようにハルクがサノスを克服するのか注目が集まりましが、彼の精神をもったハルクは登場せず。

 

ブルース・バナーはドラマ「シーハルク」に登場予定なので、そこで言及されるかもしれません。

エンドゲームでは、言及されずにもやもやが残った部分があったので、フェイズ4以降の作品で伏線回収してくれることを願っています。

初回31日間無料 マーベル25作品以上見放題

その後はわずか月額¥770

Disney+ (ディズニープラス)なら、31日間無料トライアル登録特典でアベンジャーズ/エンドゲームやX-MENといったマーベル25作品以上が見放題!

オリジナルドラマ「ワンダヴィジョン」、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」そして「ロキ」が見れるのはディズニープラスだけ!

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

Disney+ (ディズニープラス)

※2019年までに公開されたマーベル・スタジオが制作するMCU作品の内、アイアンマン1作目、インクレディブル・ハルク、スパイダーマン/ホームカミング、そしてスパイダーマン/ファーフロムホームはディズニープラスで視聴できません。X-MENシリーズは一部の作品がディズニープラスで視聴可能。詳しくはDisney+ (ディズニープラス)公式ページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA