マーベルとスパイダーマンやX-MENの映画権について!MCUと配給会社について図で解説!

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=463478

これまでマーベル作品と呼ばれるマーベルのヒーローが登場する実写映画は多く作られてきました。

しかし、その中にはMCU、アベンジャーズというくくりがあったり、スパイダーマンやX-MENは別のくくりになったりしていますね。

呼び名やくくりが複雑になっているので、今回は図を使いながらそのあたりを解説していこうと思います。

マーベル映画とスパイダーマンやX-MENの権利

マーベルが一部ヒーローの映画化権を売却

まず、マーベルとは出版社マーベル・コミックのことを指し、ここが出している作品はすべてマーベル作品です。

ところが、1990年代にマーベル・コミックの経営が悪化。マーベル・コミックでも人気のあるX-MENやファンタスティック・フォー、スパイダーマンといった一部の映画化権を他社に売ってしまいます。具体的には以下の通り。

  • X-MEN関連→20世紀フォックス
  • スパイダーマン関連→ソニー
  • ハルク→ユニバーサル・スタジオ

これにより、2000年代初頭から2014年までに公開されたスパイダーマン5作品はソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(コロンビア映画)が製作及び配給。

2019年までに公開されたX-MENシリーズは20世紀フォックスが製作および配給しています。デッドプールやファンタスティック・フォーも20世紀フォックス配給ですね。

マーベル・スタジオがMCUを展開

そんな中、2008年にマーベルは独自の制作会社マーベル・スタジオからアイアンマンを制作。この作品がヒットしたことで、マーベル・スタジオは自社の映画に登場するヒーローは同じ世界に存在するとして、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を展開します。

これにより、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーなどが単独作品を持ちながら、アベンジャーズといった一つの映画にヒーローを集結することができたのです。

 

2009年にはマーベルのアニメ、実写映画、ゲームなどを有するマーベル・エンターテインメントが、ウォルト・ディズニー・カンパニーに買収され、所有権はディズニーになりました。

配信サービスのDisney+(ディズニープラス)でマーベル作品が視聴できるのはこのおかげですね。

初回31日間無料 マーベル25作品以上見放題

その後はわずか月額¥770

マーベルとソニーの共同制作、MCUにスパイダーマンが参戦!

上で示したとおり、スパイダーマンの映画化権はソニーが所持しているため、これまでマーベル・スタジオはスパイダーマン関連の映画を制作できず、MCUの世界にスパイダーマンを登場させることはできませんでした。

ところが、ソニーとマーベル・スタジオは協力し、MCUに登場するスパイダーマンを2作品制作。

その後、一度はソニーとマーベル・スタジオの親会社ディズニーが契約交渉でもめてしまい、スパイダーマンがMCUを脱退する危機がありました。しかし、なんとか今後も両社は協力してスパイダーマンシリーズを制作することに決定。

2021年12月にはスパイダーマン3の公開を控えています。

ディズニーが20世紀フォックスを買収、X-MENのMCU参入が可能に!

さらに、2019年に20世紀フォックスがディズニーに買収されたため、X-MENシリーズやファンタスティック・フォー、デッドプールの映像権がマーベルに返還されることになりました。

これを受け、今後MCUにX-MENやデットプールが参入することが可能に。

既にマーベル・スタジオが製作するファンタスティック・フォーが発表され、ディズニープラスでは一部のX-MENシリーズやファンタスティック・フォーが視聴可能です。

ディズニープラスでは一部MCU作品が見れない?

ディズニープラスはディズーの配信サービス。ディズーの子会社であるマーベル・スタジオが制作および、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給するマーベル作品しか配信されていません。

スパイダーマンは現在もなお、ソニーが配給権(制作や興行の権利)を持っています。ですから、スパイダーマン/ホームカミングとスパイダーマン/ファーフロムホームにマーベル・スタジオが制作に関わっているものの、ディズニープラスでは配信できないのです。

 

ディズニープラスでは、アイアンマン1作目とインクレディブル・ハルクも見れませんが、これは、アイアンマン1はパラマウント映画がインクレディブル・ハルクはユニバーサルスタジオが配給しているためです。

 

X-MENシリーズの一部が見れないのは、おそらく時間の問題でしょう。現在は6作品しか視聴できませんが、時間の経過とともに今までに公開されたX-MEN作品はディズニープラスで配信されると予想されます。

ディズニープラスで見れないマーベル作品は?アイアンマン1やスパイダーマンはなぜない? 【ディズニープラス】マーベルのドラマはいつから?今後配信される作品を一覧に

 

初回31日間無料 マーベル25作品以上見放題

その後はわずか月額¥770

Disney+ (ディズニープラス)なら、31日間無料トライアル登録特典でアベンジャーズ/エンドゲームやX-MENといったマーベル25作品以上が見放題!

オリジナルドラマ「ワンダヴィジョン」、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」そして「ロキ」が見れるのはディズニープラスだけ!

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

Disney+ (ディズニープラス)

※2019年までに公開されたマーベル・スタジオが制作するMCU作品の内、アイアンマン1作目、インクレディブル・ハルク、スパイダーマン/ホームカミング、そしてスパイダーマン/ファーフロムホームはディズニープラスで視聴できません。X-MENシリーズは一部の作品がディズニープラスで視聴可能。詳しくはDisney+ (ディズニープラス)公式ページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA