【ネタバレ】ハッピーデスデイ2Uでループする理由や時系列を解説!犯人やお面の正体は?

ハッピー・デス・デイ1作目で謎に包まれていた主人公ツリーがループする理由ついて、続編の「ハッピー・デス・デイ2U」で明らかになりました。

今回は、ループする理由やハッピー・デス・デイ2uでのお面の犯人などをまとめていきたいと思います!

注意
この記事ではハッピー・デス・デイとハッピー・デス・デイ2Uのネタバレを含みます

【ネタバレ】ハッピーデスデイ2Uでループする理由や時系列を解説

簡単に、1作目から起こった出来事を時系列にまとめました。

ツリーがループする理由

ツリーがループするのは、カーターの友人ライアンが開発していた実験装置”シシー”が原因でした。

ライアンは分子レベルで時間の減速が可能になる装置を開発中でしたが、実はループを作り出す装置だったのです。

実験段階にある中、18日の午前0時にこの装置が稼働。これが原因でツリーは18日をループすることになります。

 

1作目でロリが亡くなっったため、ループのカギになる自分の死がなくなったツリーは19日の朝を迎えました。

ところが、なぜかループはライアンに移動してしまいます。

 

ツリーは別次元に移動

ライアンは自分のループを止めるためシシーを稼働。

このときシシーがショートしツリーは別次元に転送され、再び18日の朝を迎えたのでした。

 

ここではツリーと周りの人間関係が元いた世界と異なります。

ツリーの母親は生きており、ループをきっかけに付き合うカーターはダニエルと付き合っていました。

ループを閉じるため正しいアルゴリズムを見つける

ループを閉じるためには片っ端から1つずつ変数を除外し、正しいアルゴリズムを見つけなくてはなりませんでした。

そして、ループするごとにテストしたデータが消えるため、ループしても記憶が消えないツリーが記憶装置になって正しいアルゴリズムを見つけます。

いろいろな方法でツリーは自殺しループを繰り返すのでした。

今いる世界を閉じ、ツリーは元の世界に戻る

シシーが完成し、ツリーはどちらの世界に留まるかの選択を迫られます。

最初は母親が生きている今いる世界に残ることに決めますが、ここでは母親との記憶がないため最終的に元の世界に戻ることにするのでした。

お面の正体と犯人の動機

お面の正体にも触れておこうと思います。

ハッピー・デス・デイのお面の正体

1作目のお面の正体はロリ。ツリーのルームメイトです。

彼女はツリーとバトラー先生が付き合っていることに嫉妬し、ツリーを殺そうとします。

最初は毒入りカップケーキを仕掛けますが、ツリーが食べなかったため自らベビーマスクのお面をかぶり殺害を決行。

ハッピー・デス・デイ 2Uのお面の正体

9月19日:ライアンがループしているとき

ループしたライアンを殺そうとしたのは、別次元から来たライアンでした。

彼いわく、時間のループを止めるため並行時空(パラレルワールド)から飛ばされたようです。

1つの次元に同じ人物がいることをを恐れたもうひとりのライアンは、オリジナルのライアンを殺そうとします。

9月18日:別次元でツリーがループしているとき

ツリーが別次元に移動した後、ロリを殺そうとするベビーマスクがいました。

このときのお面の正体はバトラー先生。

奥さんに不倫していたことがバレたため、邪魔になったロリの殺害を決行したのです。

最後に

以上、ハッピー・デス・デイシリーズの時系列やお面の正体についてまとめました。

パラレルワールドといったSF要素盛り込んだホラーラブストリーで見ごたえのある作品でしたね。

整理できた状態でもう一度見てみても面白いと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA