エターナルズがディズニープラスで配信開始!

マトリックス レザレクションズのエージェント・スミスの正体は?ネオの味方or敵?

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1192206

マトリックス・シリーズにおいてネオの宿敵として登場してきたエージェント・スミス。

最新作レザレクションズにも俳優が代わって登場しました。

ただ今作は、これまでのエージェント・スミスとは異なり、ネオの敵でも味方でもなかったように思えます。

ということでこの記事では、レザレクションズにおけるエージェント・スミスの正体について、ネタバレありでまとめていきます。

注意
この記事ではマトリックス レザレクションズのネタバレを含みます

マトリックス レザレクションズのエージェント・スミスの正体は?

エージェント・スミスがネオの上司?

今作はシリーズ3作目レボリューションズの60年後が舞台。

再びマトリックス世界に戻されたネオは、ゲーム会社のクリエイターとして勤務していました。彼の上司としてエージェント・スミスが登場

ところが、モーフィアスがネオに接触すると、過去のエージェント・スミスの記憶が戻ったかのように、ネオに向かって「Mr.アンダーソン!」と叫び襲いかかってきます。

【ネタバレ】レザレクションズはレボリューションズの後?マトリックスの時系列を解説!

なぜネオを攻撃したのか?

これは一体どういうことだったのか。

ここで、3作目レボリューションズからレザレクションズまでの経緯を抑えておきましょう。

レボリューションズからしばらくして、機械は電力不足に陥り、ネオとトリニティの惹かれ合う愛のパワーを使って発電する仕組みを作ります。そして、ネオとトリニティをマトリックスの世界に戻し、二人を程よい距離間に置いたのでした。

さらに、二人がまたマトリックスから開放されないよう、マトリックス内の人間は二人を別の顔と認識するようにプログラム。

それから、ネオの正体がバレたときの救済措置としてエージェント・スミスをネオの監視役に置いたわけですね。

 

今回のようなハプニングが起きたときに、エージェント・スミスに対し過去の記憶が戻り、ネオを抹殺するようにプログラムしたのでしょう。

ネオがマトリックスから開放されトリニティを救出するためマトリックスに戻ったとき、エグザイルとともにエージェント・スミスが登場しました。

おそらく、後に黒幕だと判明するネオの精神科医アナリストが仕組んだものかなと。

なぜネオを助けた?

物語の終盤、トリニティが私はティファニーではない!と言いマトリックスから開放されることを選択すると、ネオとの取引に敗れたアナリストはネオを殺そうとします。

バレット・タイムを使い、ネオの届かない速度で攻撃してくるアナリストに対しネオは為す術がないようの思えました。

 

ところが、エージェント・スミスがアナリストを攻撃。ネオを助けます。

このときなぜエージェント・スミスはアナリストを攻撃したのでしょうか。

おそらく、ネオがマトリックスから開放されたタイミングで、スミスはネオを監視するという役割から開放されたのではないかなと。

ネオがマトリックスに戻ってきたときに彼と戦っているので、すぐに開放されたわけではありませんが、しばらくして自分自身がアナリストに操られていたことに気づいたのだと思われます。

マトリックスがアップデートされたわけではありませんが、不要になったプログラム=エグザイルのような立ち位置になったのでしょう。

 

アナリストと同じ速度で攻撃できたのは、レボリューションズのときのスミスがそのままプログラムされていたからだと思われます。ネオが救世主の力を取り戻したときを想定し、彼に対応できるようにしたのではないかなと。

アナリストはまさかスミスが自分を攻撃するとは予想していなかったでしょうね。

エージェント・スミスの俳優は?

https://matrix.fandom.com/wiki/Agent_Smith

マトリックス3部作でエージェント・スミスを演じたは、ヒューゴ・ウィーヴィング

本名 Hugo Wallace Weaving
生年月日 1960年4月4日(61歳)
出生地 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
ジャンル 俳優
活動期間 1980年 –
活動内容 ドラマ、映画、舞台

当初は、レザレクションズでもヒューゴがエージェント・スミスを演じる予定だったようですが、他作品の撮影との兼ね合いで出演することができなかった模様。

顔の印象が強かったエージェント・スミスなだけに過去作を見ているファンほど、俳優が変わって新しいエージェント・スミスと認識するのが難しかったように思います。

 

マトリックス以外の代表作は、マーベル作品のキャプテン・アメリカ1作目レッドスカル役。

https://matrix.fandom.com/wiki/Agent_Smith

今作レザレクションズでエージェント・スミスを演じたのは、ジョナサン・グロフです。

本名 Jonathan Drew Groff
ジョナサン・ドリュー・グロフ
生年月日 1985年3月26日(36歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国・ペンシルバニア州・ランカスター
職業 歌手・俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 2005年 –

代表作はアナと雪の女王のクリストフ役です。

マトリックス レザレクションズのエージェント・スミスの正体は?ネオの味方or敵?

初回30日間無料 スパイダーマン録作品マトリックス3作品 見放題

※その後はわずか月額¥500

Amazonのプライムビデオなら、30日間無料トライアルでマトリックス3作品(1作目、リローデッド、レボリューションズ)が無料で視聴可能。

【初回30日間無料】(30日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はアマゾンプライムにてご確認ください 。

1 COMMENT

こうたろう

『なぜネオを攻撃したのか?』の部分

“レザレクションズからしばらくして、機械は電力不足に陥り” は、
“レボリューションからしばらくして、機械は電力不足に陥り” の誤りですかね?
文脈的に。

とても、分かりやすい解説でした。
ありがとうございました❗
前シリーズとは色々と異なる世界観で、
それを受け入れられるか否かで、評価は分かれているようですが。
自分は、前シリーズのラスト、ネオとトリニティーの死はやはり悲しかったので、
二人のハッピーエンドは純粋に嬉しかったですね。
前シリーズが、“人類を救う救世主”だったのに対して、今回はただ“愛する人を取り戻したい”というテーマの、ラブストーリーでしたね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA