【ネタバレ】マンダロリアン1話の感想&考察!あらすじについて解説!

Pocket

12月26日(木)よりディズニー・デラックスで配信スタートしたドラマ「マンダロリアン」。

今回はマンダロリアンの1話の感想及び考察を記事にしていこうと思います。

主人公マンダロリアンとは何者なのか、バックグラウンドや1話で判明した事柄についてまとめていきます。

 

“マンダロリアン”とは?

“マンダロリアン”とは、惑星マンダロアの住民を指します。そして、今作の主人公もおそらくマンダロア出身。彼が身につけている装備をマンダロリアン・アーマーと呼びます。

映画シリーズにおいては、ジャンゴ・フェット(エピソード2)とボバ・フェット(エピソード2,5,6)がこのアーマーを身につけていました。しかし、ジャンゴはマンダロアの政府にマンダロリアンと認められておらず、シスの暗黒卿に雇われた存在でした。父の死後、ボバは父のアーマーを着て賞金稼ぎとして活動していました。

そしてドラマシリーズ「マンダロリアン」はエピソード6/ジェダイの帰還の5年後が舞台。

ダース・シディアスが支配した帝国は滅び、新共和国が誕生するも法が行き届かない惑星では混乱した状態が続いていました。

そんな世界で、一人の賞金稼ぎとして生計を立て、凄腕のガンファイターとして知られるマンダロリアンに焦点を当てて物語が展開されます。

ドラマ「マンダロリアン」1話を観た感想

率直な感想は、「新しいスター・ウォーズだ」ということ。

今までの映画シリーズは、宇宙を舞台にライトサイドとダークサイドが対立。親子や師弟関係にフォーカスしながら、ときにはフォースやライトセーバーを使い物語が展開されてきました。

しかし、今作のマンダロリアンは主人公がバウンティハンター(賞金稼ぎ)。映画シリーズのような壮大なスケールはないものの、その分マンダロリアンというキャラクターにフォースして描かれている作品だと思いました。

 

そして、常にヘルメットをかぶり、なおかつそこまで口数が多くないマンダロリアンが行動や仕草からキャラクター像が徐々に見えてくるのが良かったですね。

ドラマシリーズだけあって、先日公開された「エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」と比べるとテンポが少し遅いかなと思いましたが、まあ慣れてくるでしょう。

まだ1話ということで謎が多い段階ですが、引き込まれるような作品作りがされていたと思います。今後の展開が楽しみですね。

 

注意
ここからはマンダロリアン1話のネタバレを含みます

 

【ネタバレ】ドラマ「マンダロリアン」1話のあらすじ

氷の惑星にて、マンダロリアンがトラッキング・フォブで最後のターゲットを見つけるところから始まります。賞金首の魚人をレイザー・クラストの船内で氷漬けにし、惑星ネバーロで待つバウンティハンター・ギルドのリーダー:グリーフ・カルガのところへ向かいます。

グリーフは帝国のクレジットで報酬を払うと言いますが、マンダロリアンはそれを拒みます。結局、カラマリ・フランで半分の報酬を受けとることに。

次の仕事を依頼されるも報酬が燃料代にもならないことから、マンダロリアンは報酬が高い”裏の仕事”を見てみることにします。

 

その仕事の依頼主のところに行くと帝国のマークのメダルをつけた白髪の老人と、帝国時代のストーム・トルーパーがいました。そして、ドクター・パーシングが登場。

老人は手付金として一片のベスカー合金をマンダロリアンに渡します。そして、生きたままが好ましいが賞金首を殺した場合でも報酬を払うと言います。そして、トラッキング・フォブ、ターゲットの年齢、位置情報を手にしたマンダロリアンは自分のアジトに帰ります。

 

アジトでは、自分と同じようにヘルメットかぶるマンダロリアンが生活を送っていました。彼は奥にいる女性のマンダロリアンに報酬とベスカーを渡します。彼女がベスカーを溶かしアーマーの肩の部分を作成している途中、マンダロリアンの子供の頃がフラッシュバックします。両親が彼を抱きかかえ襲撃から逃げる様子でした。

 

マンダロリアンはベスカーでアップグレードしたアーマーを装備し、賞金首がいる惑星アラバラ-7に向かいます。

到着したマンダロリアンはターゲットの捜索に出ますが、早々ブラーグに襲われます。そこにアグノートが現れ彼を助けました。目的地まで案内すると言われるも徒歩ではいけないため、マンダロリアンは足となるブラーグの乗り方を練習することに。

ブラーグの乗り方をマスターしたマンダロリアンは、アグノートとともに目的地まで向かいます。

 

目的地にたどり着くとマンダロリアンはアグノートと別れ、崖の上から様子を伺います。すると、そこに賞金稼ぎドロイドIG-11が現れます。IG-11はマンダロリアンと同じギルドのメンバーで、彼と同じ任務を受けていたことが判明。

二人は協力しなんとか敵の襲撃を耐え、最後はレーザーキャノンを奪ったマンダロリアンが敵を殲滅。

 

賞金首のところにたどり着いた二人は、ターゲットがヨーダと同じ種族の赤ん坊であることを目の当たりに。IG-11は抹殺命令が出ていたためベイビーヨーダを殺そうとするも、生かすことを尊重したマンダロリアンはIG-11を破壊。最後はマンダロリアンとベイビーヨーダが指を近づけ合うところで1話が終了します。

【ネタバレ】ドラマ「マンダロリアン」1話の考察

マンダロリアンは孤児

スター・ウォーズシリーズにおいて”血筋”というのは重要なファクター。

1話でマンダロリアン自身が孤児であると発言し、フラッシュバックの場面では彼が両親と襲撃から逃げ、最終的に離ればなれになるシーンが描かれていました。

ですから、今後のストーリーでマンダロリアンが親と離ればなれになった理由、彼の両親が重要人物であると語られるかもしれません。

 

そして、子供のころにヘルメットをかぶっていなかったことから、元々はマンダロリアンではなかったと思われます。彼がアジトに戻ったときに、子供のマンダロリアンがヘルメットをかぶった姿で遊んでいたところからも、子供のときは彼らと違う種族として生活していたと考えられます。

そして、孤児になったこととマンダロリアンとして賞金稼ぎをするようになったこと。これについても、なぜマンダロリアンを選んだのか、なぜ賞金稼ぎになったのか今後のストーリーで明かされるかもしれません。

白髪の依頼主とドクター・パーシングの狙い

白髪の依頼主とドクター・パーシングはベイビーヨーダを狙っていたわけですが、何の目的で彼を捕まえようとしていたのでしょうか。

ヨーダの種族が長寿でありながら正体は謎に包まれていたため、彼を捕ま人体実験でも企んでいたのか。

いかにも悪そうな風格のドクター・パーシングがベイビーヨーダを悪用しようとしているところ、マンダロリアンが止めるという展開があるかもしれません。

 

白髪の依頼主が帝国のメダルをつけていたのも気になるところ。ストーム・トルーパーが一緒にいたのを見ると帝国時代にシスに仕えていた存在だったのかもしれないですね。

ベイビーヨーダ

時系列を見ると、今作が映画スター・ウォーズ/エピソード6よりあとの出来事。ですから、ベイビーヨーダは今までに登場したヨーダの赤ん坊のときの姿ではなく、まったくの別人。ある意味、銀河最強のジェダイと同じ種族の生き残りですね。

ベイビーヨーダの年齢が50歳ということに驚きですが、人間よりも年齢に対する老化のスピードが遅いのでしょう。映画シリーズにおけるヨーダが900歳近く生きていたことを考慮するとこの年齢に納得ではないでしょうか。

1話の最後に登場しただけあって今後のキーマンになることは間違いないですね。

 

ベイビーヨーダの登場で今まで謎だったヨーダの素性について少しずつ分かっていくのかもしれません。彼と会ってすぐに何かを感じ取ったマンダロリアン。今後の二人の関係にも注目です。

マンダロリアン2話の感想及び考察については下の記事をご覧ください。

【ネタバレ】 マンダロリアン2話の感想!あらすじを追いながら考察!

 

ここをクリック

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントでスターウォーズシリーズ2作品が無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月1990円のところ31日間無料。
(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA