レイはなぜフォース・ライトニングを使えた?治癒などフォースの使い方を振り返る

今回は、「エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」における”フォースの使い方“について見ていこうと思います。

賛否両論になったフォースの描かれ方。

レイがなぜフォース・ライトニングや治癒能力を持っていたのか考察。

注意

この記事ではエピソード9までにスター・ウォーズ作品のネタバレを含みます

まだ見てない方はぜひDisney+で!

スター・ウォーズ全作品見放題!

ディズニープラス

フォースとは

そもそもフォースとは、宇宙全体をつなぐエネルギーの場であり、ジェダイやシスはこの普遍的で神秘的な力を超人的能力の源にしています。

あらゆる生命体の細胞内には、ミディ=クロリアンと呼ばれる微生物が存在。このミディ=クロリアンの数値が高いほどフォースを扱うことができ、フォース・センシティブ(フォース感応者)と呼ばれています。

エピソード1でアナキン・スカイウォーカーがヨーダを超えるミディ=クロリアン値を示し、マンダロリアンシーズン2でもこれをほのめかすシーンがありました。

スターウォーズの生みの親ジョージ・ルーカスは、続三部作を構想するに当たり、このミディクロリアンにフォーカスした物語を考えていたようです。


エピソード7までのフォースの主な使われ方

フォースの使い方はたくさんありますが、ここでは過去作でも描かれた主な使われ方を振り返っておきましょう。

テレキネシス

物体に触れずにものを動かす能力。視覚的に一番わかりやすいフォースの使い方ですね。レイもエピソード8より習得し、エピソード9の序盤では自身と共に岩を浮かせていました。

マインド・トリック

他人の心を操る能力。エピソード7,9でレイがこの力を使ってストムートルーパーを操っていました。この能力はジャバ・ザ・ハットやワトーなど一部の種族には通用しません。

フォース・ヴィジョン

フォースを使って過去や未来を見る能力。

予知夢としてアナキンは夢の中で母シミ・スカイウォーカーが襲われるところやに妻パドメが死ぬところを見てしまいます。

 

レイはエピソード7で初めてルークのライトセーバーに触れた際に、ルークとカイロ・レン、更には自分自身の過去を見ることになりました。

エピソード9では序盤の修行の場面でダークサイドに堕ちた自分がカイロ・レンとともに皇帝の座についている未来を見てしまいます。

フォース・ライトニング

フォースのダークサイドにおける能力で、指先からライトニングを発射し相手に攻撃することができます。ヨーダはフォース・ライトニングを返す能力を習得していました。


なぜレイはフォース・ライトニングを使えた?

エピソード9ではレイが、カイロ・レンとの輸送船の引張り合いの場面でフォース・ライトニングを発動。

最初はテレキネシスで引っ張るだけでしたが、力を抑えきれなくなった彼女はライトニングを放ってしまい、誤って輸送船を破壊。

 

ではなぜ、この場面でレイはフォース・ライトニングを使えたのか。

おそらくこのときレイは、まだフォースをコントロールできておらず、ライトサイドとダークサイドにもの境界ができていなかったのだと思います。

 

怒りや悲しみ、憎しみといった負の感情を使うフォースのダークサイド。このとき彼女は負の感情が強く、その感情を力に変換した結果フォース・ライトを放ってしまったのでしょう。

また、後に判明するレイがパルパティーンの孫という血筋から、彼女がライトニングを発動させるだけの潜在的なフォースの力は既に持っていたと考えられます。

スターウォーズのレイとパルパティーンの子供の関係!両親は何者でもなかったのか


ファンの間で物議を醸したエピソード8のフォース

エピソード8/最後のジェダイで物議を醸したフォースを紹介。

ルークのフォースの投影

終盤の惑星クレイトのファースト・オーダーとレジスタンスの戦いの場面で、ルークが惑星オク=トーにいながら自分の姿だけクレイトに出現させます。

実態はそこにはなかったためカイロ・レンはルークにダメージを当てることができませんでした。レジスタンスが逃げる時間を稼いだルークは、この力ですべてを使い果たしフォースと一体になります。

レイアの宇宙遊泳

ファースト・オーダーはカイロ・レン率いるタイ・ファイターの攻撃に遭い、司令室にいたレイアは宇宙空間に放り出されてしまいます。

真空状態で身体が凍りつく中、レイアは自身のフォースを振り絞りなんとか船内に戻ることができました。

レイとカイロ・レンの交信

エピソード5/帝国の逆襲でルークとダース・ベイダーがフォースを通して意識が共有される場面はありました。しかし、相手が見える状態までフォースの力が及んだのはエピソード8が初。

霊体化したヨーダの稲妻

レイが惑星オク=トーを去ったあと、ルークは霊体のヨーダと再会します。そこでヨーダは、ジェダイの聖典が保管されている木に稲妻を落とします。

霊体の状態で現実世界に力影響を及ぼすことはこれまでありませんでした。ヨーダはこのときフォース・ライトニングを使ったのか、天候を操り稲妻を落としたのかは謎。


エピソード9のフォースの力

スカイウォーカーの夜明けでもエピソード8に増してフォースの能力が拡張され、「なんでもあり」と感じた人は多いのではないでしょうか。新しく出てきた能力について見ていきましょう。

意識が現実を超える

フォースを通してレイとカイロ・レンが交信することはエピソード8より可能でしたが、今作ではそれがアップグレードされ、意識が現実を超えてフォースが使われていました。

具体的には、レイが惑星パサーナで先住民からもらった数珠の首飾りをフォースを通してカイロ・レンが奪ったこと。惑星キジーミにいたレンとスター・デストロイヤーにいたレイがライトセーバーバトルを行っていたこと。意識の中だけでバトルをしていたのなら、ダース・ベイダーの仮面が壊されることはなかったでしょう。

傷を治す/生き返らせる

フォースの力に治癒能力を見せたのも今回が初。エピソード3でフォースのダークサイドを使えば死んだ人間を生き返らせることができると言及されていましたが、実際にそのの能力が使われることはありませんでした。

フォースの力が何でもありと感じさせた大きな要因としてこの能力が影響していると思います。

レイが蛇の傷やカイロ・レンの傷を治すところ、レンが一度倒れたレイを生き返らせるところで使用。

霊体でテレキネシス

オビワンやヨーダのようにフォース・センシティブの一部は、フォースと一体化することで死を迎えてきました。今作のカイロ・レンもそのひとり。

そして、フォースと一体化した人物は霊体として弟子にアドバイスをすることはありました。

しかし、霊体の状態でテレキネシスを使うのは今作が初(エピソード8で霊体のヨーダが稲妻を木に落としましたが…)。

エピソード9では惑星オク=トーの場面で、霊体のルークがフォースを使い、自身のXウィングを海の中から持ち上げました。

template id=”8920″]