マンダロリアンのベビーヨーダの正体と名前が判明!ザ・チャイルドの年齢や能力を調査!

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1052549

10月31日から配信スタートする「マンダロリアン シーズン2」

第1シーズンに引き続きメインキャラクターのベビーヨーダこと「ザ・チャイルド」。

今回は彼にフォーカスして正体や年齢、それからジェダイ・マスター;ヨーダとの関係について掘り下げていきます。

注意
この記事では、マンダロリアンのネタバレを含みます

まだ見てない方はぜひディズニープラスで!マンダロリアンが見れるのはDisney+だけ。

初回31日間無料 スターウォーズ 全作品見放題

その後はわずか月額¥770

マンダロリアンのザ・チャイルドの正体は?

ザ・チャイルドの正体は?

マンダロリアンシーズン1終了時点ではまだ彼についてほとんど明かされておらず、未だ正体不明というのが正しいでしょう。

容姿がヨーダに似ていることからベビーヨーダという愛称ではありますが、正式には「ザ・チャイルド(The Child)」と記されているだけで、本当の名前やヨーダと強い関係にあるのかわかりません。

ザ・チャイルドの能力

シーズン1では、彼の行動からフォース・センシティブ(=フォースを操れる者)であることが判明しています。具体的に使った能力は以下の通り。

テレキネシス

フォースセンシティブがよく使う触れずに物体を思うがままに移動させる能力。

初めてベイビーヨーダがこの力を見せたのは2話でした。

ジャワ族に卵を届けるためマッドホーンと一騎打ちになったマンドー。彼が絶体絶命の場面でベイビーヨーダがフォースを使い、マッドホーンを宙に浮かせ身動きを取れない状態に。

巨体を片手で浮かせた場面を見るに、ザ・チャイルドが非常に強いフォースセンシティブであることがわかりますね。

 

8話では負傷したマンドーを守るため、スカウトトルーパーの火炎放射を防ぐシーンもありました。

【ネタバレ】 マンダロリアン2話の感想!あらすじを追いながら考察!
フォース・ヒーリング

そして、2話のマンドーの傷口を治そうとする場面が伏線だったかのように、7話ではグリーフカルガの傷口を直しています。

スカイウォーカーの夜明けでもレイやカイロ・レンが見せた治癒能力ですね。

フォースセンシティブの中でも自己犠牲を伴う力。

 

ベイビーヨーダは体力が少ないため、一回フォースを使うだけでも非常に体力を失う中で、いとも簡単にカルガの腕を直してしまいました。

彼がジェダイ・マスターのヨーダの家系だからなのか同じ種族だからなのか不明ですが、強いフォースの持ち主であることは第ーシーズンの彼の行動で明らかでしょう。

帝国の残党も彼の能力を研究、悪用しようとして狙ったと考えられますね。

怒りとフォース

また、自身が怒りを感じたときもフォースを使っていました。

7話の飛行するレザークレスト内で、マンドーと喧嘩するデューンにフォースで首を絞めるシーンがありました。このシーンでダース・ベイダーの首絞めを思い出した方もいるのではないでしょうか。

 

まだ言葉を話すことができないため、フォースを使うことで心情を表現しているように見えましたね。

自分の親的存在のマンドーが危険にさらされているのを黙って見ていられないのでしょうね。

【追記】ザ・チャイルドの正体と名前が判明!

マンダロリアン シーズン2第5話(チャプター13)にてザ・チャイルドの正体が明らかになりました。

注意
ここからはマンダロリアン シーズン2第5話(チャプター13)のネタバレを含みます

 

マンダロリアンチャプター13でアソーカ・タノが登場。彼女によれば、ザ・チャイルドの正体の以下のようにまとめられます。

  • 名前:グローグー(Grogu)
  • 育ち:コルサントのジェダイ聖堂

ザ・チャイルドことグローグーは惑星コルサントのジェダイ聖堂にて、何人ものジェダイマスターから訓練を受けていたようです。

しかし、クローン戦争の末期で帝国が誕生し、そのタイミングでグローグーは隠されたという。

その後、何者かが聖堂から連れ出し、ベビーヨーダの記憶は消されてしまいました。

記憶を失ったグローグーは一人でさまようになり、現在に至ります。

ベビーヨーダの年齢は?時系列はどこ?

劇中で明らかにされていませんが、ベイビーヨーダが生まれたのは41BBY頃と言われています。下の図より、エピソード1ファントム・メナスよりも約10年前に誕生したということになります。

BBYとはBefore Battle of Yavinの略で、エピソード4のヤヴィンの戦いが起こった年を境にそれより前をBBY、それより後をABYと表記されます。

ですから、ベイビーヨーダが生まれたのはヤヴィンの戦いのおよそ41年前。今作のマンダロリアンシーズン1は、エピソード6ジェダイの帰還の5年後の

9ABYが舞台になっています。したがって彼の年齢は50歳くらいと推測されます。

ベイビー・ヨーダがジェダイ・マスターヨーダの生まれ変わりではないかという考察がありますね。

しかし、ヨーダが亡くなったのはエピソード6の4ABYでこれより約45年前にベイビーヨーダは生まれいると推定されています。ですから、ヨーダが死んだ後魂だけベイビーヨーダに転生したということはありえません。

 

ちなみに、アナキン・スカイウォーカーが生まれたのも41BBY

人間の年齢ではすでに年配に差し掛かっていますが、ジェダイ・マスターのヨーダが900歳生きたと考えると、まだ赤ん坊ですね。

スターウォーズのおすすめ見る順番は?マンダロリアンやスピンオフのローグワンを含めて紹介!

ベイビーヨーダの制作費

ベイビーヨーダはCGではなく、しっかり人形が作られいます。

その制作費がなんと約500万ドル(5億5000万円)。さすがハリウッドという感じですね。

確かに、ドラマを見ていてCGにはないリアルさが非常にあったように覚えています。

制作や脚本を務めるジョン・ファブローが自身のインスタグラムに、スター・ウォーズの生みの親ジョージ・ルーカスがベイビーヨーダを抱っこする様子をアップしていました。

マンダロリアン シーズン2第1話の小ネタ伏線!最後に出てきた男は誰?

 

初回31日間無料 スターウォーズ 全作品見放題

※その後はわずか月額¥770

Disney+ (ディズニープラス)なら、31日間無料トライアル登録特典でスター・ウォーズ全作品(エピソード1~9)を無料で視聴可能!

もちろん、スピンオフ作品のローグ・ワンやハン・ソロも。

クローン・ウォーズ全話やドラマシリーズのマンダロリアンが見れるのはDisney+だけ。

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

Disney+ (ディズニープラス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA