バットマンvsスーパーマンのラストで〇〇は死んだの?ロビンについても調査!

Pocket

DCEUの2作目、バットマンvsスーパーマン ジャステイスの誕生。

今回はこの映画におけるラストシーンを中心に見ていこうと思います。バットマンvsスーパーマンのラストで〇〇は死んだのか。ロビンやスーパーマンの育ての親のマーサについても掘り下げていきましょう!

注意
この記事ではバットマンvsスーパーマン ジャステイスの誕生のネタバレを含みます

 

バットマンvsスーパーマンのラストで〇〇は本当に死んだのか

物語の終盤、レックス・ルーサーJrにより、マン・オブ・スティールでスーパーマンと戦いを繰り広げたゾッド将軍がドゥームズデイとなって蘇生。周囲のエネルギーを吸収しパワーアップし続ける彼にバットマン、ワンダーウーマン、スーパーマンが立ち向かいます。

ラストでスーパーマンがクリプトナイトの槍をドゥームズデイに突き刺して倒します。ところが、同時にクリプトナイトの効力で弱体化したスーパーマンの胸にドゥームズデイが右腕を突き刺しスーパーマンも死亡してしまいす。

メトロポリスではスーパーマンの追悼式が行われ、故郷のスモールヴィルでもクラーク・ケントの葬式が行われます。マーサをはじめ、デイリープラネットの社員やブルース、ダイアナらも出席しました。

葬式の最後でロイス・レーンが棺桶が入った堀に土を投げ入れます。彼女がその場を離れると、一瞬だけその土が浮遊し幕が閉じます。

このシーンでスーパーマンは実は生きているのではと思った方も多いはず。微弱ながらスーパーマンが自身の力で土が浮かせたのではないかと思います。コミックの設定を見たところスーパーマンにヒーリングファクターの能力がないためどのように回復したのかは謎。

おそらく、続編でスーパーマンが復活するための伏線を作りたかったのではないでしょうか。

スーパーマンの生死についてはバットマンvsスーパーマンの続編の「ジャスティス・リーグ」で語られることとなります。

U-NEXTなら、無料トライアルで付与される600ポイントでジャスティス・リーグが無料で視聴可能できます。

マン・オブ・スティールやワンダーウーマン、アクアマンなどのDCEU作品もすべてそろっているので、過去作の見直しにもおすすめ。

今なら31日間無料期間があるので、是非一度登録してみて下さい!

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください 。

バットマンvsスーパーマンのロビンについて

劇中にバットマンの施設でガラスケースに黒いスーツが飾ってあるシーンがありました。見えづらいですが左胸のRのロゴが入っていることから、ロビンのスーツであったことがわかります。

このスーツには「HAHAHA  Jokes on you BATMAN」と書かれており、日本語では、「ハハハ ジョークだよ、バットマン」という意味になります。おそらくこのロビンは2代目のジェイソン・トッドでしょう。というのも、原作コミックではジェイソンがジョーカーに殺されているからです。

予告編にも写っていたこのシーンですが、相棒を失ったあとのバットマン/ブルース・ウェインを描きたかったのだと思われます。

 

2021年公開予定のロバート・パティンソン主演の「ザ・バットマン」にロビンが登場するのではないかと噂されています。

 

そういえば、ダークナイト・ライジングで警官として登場したジョン・ブレイクは同映画のオリジナルのキャラクターですが、本名はロビン・ジョン・ブレイク。ノーラン監督が3代目ロビンのティム・ドレイクの要素を取り入れたようです。

ラストのシーンでジョン・ブレイクがバットマンの洞窟にやってくるシーンがありますが、特にジョゼフ・ゴードン・レヴィットがバットマンを受け継ぐ、ないしは、ロビンの単独作品があるということはなかったですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA