映画ジョーカーは年齢制限ある?主題歌や吹き替え情報も調査!

Pocket

10月4日に公開する映画ジョーカー。

今回は気になる年齢制限についてや、ジョーカーの主題歌、吹き替え情報についても見ていこうと思います。

映画ジョーカーは年齢制限ある?

日本では、R15+指定で公開されるようです。つまり、15歳未満の方は観れないということですね。暴力的な描写があるのが原因でしょう。

アメコミ実写映画では、ローガンやデッドプール2作品もR-15指定。これらの作品は、血しぶきが飛ぶほどのバイオレンスシーンがあったためですが、ジョーカーでもそのような描写があるんですかね。

ちなみに、ジョーカーが登場したダークナイトでは年齢制限がありませんでした。アメリカでは、PG-13となっていた一方で、日本では特に指定がなかったんですよね。それもあってか地上波放送が3回あります。

ジョーカーの主題歌は?

残念ながら、ジョーカーの公式のサントラがリリースされておらず、挿入歌及び、主題歌はわかりません。

予告編に使用されていた音楽はジミー・デュランテの「Smile」

この曲がジョーカーの劇中でも流れるかもしれませんね。

ジョーカーの吹き替え情報は?

字幕のみで吹き替えはなし

ジョーカーは字幕バージョンのみの劇場公開で、吹き替えは一切ありません。

アメコミ実写映画で注目度も高く今作が、吹き替えなしというのは、珍しいことではないでしょうか。

それだけ、制作陣がジョーカーの世界観を崩したくないという想いがあったことがわかります。そして、興行収入を目指した営利目的の作品ではないということ。

吹き替えもあったほうが、お客さんは入ると思いますが、タレントや有名俳優が声優に起用される傾向にある中で、ジョーカーの印象が変わるのを恐れたのでしょう。

吹き替えなしに対する世間の反応は?

吹き替えなしという情報に対する世間の反応をいくつか見てみましょう。

賛否両論あるようですね。

字幕なし、ポスターをアメリカ版とほとんど変わらないところにするところを見ると、日本のワーナーがジョーカーに力を入れているのがよくわかりますね。

ただ、字幕のみにしたところで声優のタレント起用がなくなるわけではないということ。ちゃんとした声優さんが吹き替えをしている作品を見たい人にとっては、この字幕のみの試みは素直に喜べないかもしれませんね。

ジョーカー登場作品を無料で見たい人はこちら!

ジョーカー登場作品を無料で見たい人は「U-NEXT」がおすすめ!

U-NEXTなら、バットマン(1989年)やダークナイト三部作が無料で視聴できる!無料トライアルで付与される600ポイントでスーサイド・スクワッドも無料で視聴可能!

その他、スーパーマンやワンダーウーマンが登場するジャスティス・リーグなどDC作品を見返すのにもおすすめ。

今なら31日間無料期間があるので、是非一度登録してみて下さい!



(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA