シリウス・ブラックはなぜアズカバンを脱獄?ハリー・ポッターとの関係は?

Pocket

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人より登場のシリウス・ブラック。

今回は彼とハリー・ポッターと関係や、なぜシリウス・ブラックはアズカバン刑務所を脱獄したのか、そしてどうやって脱獄したのかを中心に調査していきます。

それから本当はいい人なのか、なぜハリーを狙っていたのかについても見ていきましょう。

なぜシリウス・ブラックがアズカバンを脱獄したのか

目的はハリーの殺害か

映画アズカバンの囚人の序盤で、ハリーはアーサー・ウィーズリーからシリウス・ブラックについて聞かされます。

彼が言うにはブラックがアズカバンを脱獄した理由はハリーにあると。ヴォルデモートの忠実な下僕だったブラックは、ハリーさえいなければヴォルデモートを復活させることができると信じているようで、ハリーを探すためにアズカバンを脱獄したと言います。

 

またマクゴナガルによれば、ハリーの両親が命を狙われ身を隠していたときに、彼らの居場所をヴォルデモートに教えたのもシリウス・ブラックに違いないと言っていました。さらに、友人のピーター・ペティグリューも殺害したと。

本当はピーター・ペティグリューを見つけるため

しかしブラックの目的はハリーではなく、ピーター・ペティグリューでした。

アズカバンに収容されているときに、ピーターの消息を知ったブラックは脱獄。ロンのネズミ;スキャバーズに化けているピーターを目指してホグワーツにやってきたのです。

どうやってアズカバンを脱獄したのか

吸魂鬼 / ディメンターで守られているアズカバン刑務所。普通の人ならディメンターの能力で12年も正気を保つことはできないでしょう。

そんなアズカバンでブラックはどうやって生き延び脱獄できたのか。

それは、彼自身が無実であという幸福でも不幸でもない感情だったから。ディメンターに魂を吸い取られることなく正常でいられたのです。

そして、ブラックは犬になれる能力(アニメーガス)を習得していたため、獣と人間の感情を見分けることができないディメンターの監視をくぐり抜け、アズカバンを脱獄できたのでしょう。

シリウス・ブラックは何者?

シリウス・ブラックのプロフィール

  • 名前:Sirius Black
  • 生年月日:1959年11月3日(1996年6月18日没)
  • 出身:イギリス、ロンドン
  • 血統:純血
  • 所属:グリフィンドール、不死鳥の騎士団、マローダーズ

シリウス・ブラックとハリーの関係は?

シリウス・ブラックは学生時代、ハリーの父ジェームズ・ポッターと親友でした。同じく親友のリーマス・ルーピンが人狼であると気づくと、ピーターとともに3人でアニメーガスになります。ブラックが黒い犬に変身できるの対し、ジェームズは牡鹿に変身することができました。

その後、ポッター夫妻に身の危険が迫ると、シリウス・ブラックが秘密の守人に任命されます。しかし、表向きはブラックが守人でしたが、本当の守人はピーター・ペティグリューが担うことになります。

ところが、ヴォルデモート卿にポッター夫妻の居場所はバレてしまい、二人は殺されてしまいます。ブラックは一人息子のハリーの名付け親になるのでした。

ピーター・ペティグリューに罪を着せられた

ヴォルデモートに居場所がバレたのは、ピーター・ペティグリューが原因でした。

秘密の守人であったピーターは既にヴォルデモートの忠実な下僕であり、彼にポッター夫妻を売ったのです。

ピーター・ペティグリューが守人であることを知るのは、ポッター夫妻とブラックのみ。ですから、世間にはブラックがヴォルデモートに居場所を教えたと思われてしまいます。

ブラックがピーターを問い詰めるも、その場で12人のマグルを殺害。自分の指を一本切り、ネズミに化け姿を消したのです。

 

シリウス・ブラックはピーター・ペティグリューが犯した罪を着させられ、ポッター夫妻をヴォルデモートに売ったこと、12人のマグルを殺害したこと、そして、親友のピーター・ペティグリューを殺害したという罪でアズカバンに収容されることとなるのでした。

ハリーポッターとアズカバンの囚人の登場人物相関図!シリウス・ブラックやルーピンの関係を図に!

 

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントで、ハリー・ポッターシリーズ8作品から2作品が無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月1,990円(税抜)のところ31日間無料。

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA