ハリーポッターと賢者の石でなぜスネイプは足に怪我?クィディッチで呪文を唱えていた理由も調査

Pocket

ハリーポッターシリーズで主要キャラクターとして登場するセブルス・スネイプ。

今回は一作目のハリーポッターと賢者の石のスネイプ先生にフォーカスして見ていこうと思います。

彼はなぜ足を怪我していたのか、クィディッチの試合でハリーに呪文を唱えていたように見えたがあれは何だったのか調査していきます!

注意
この記事ではハリー・ポッターと賢者の石のネタバレを含みます

まだ観てない方はぜひU-NEXTで!

ハリーポッター一挙配信

ハリーポッターと賢者の石でなぜスネイプは足に怪我?

賢者の石の中盤トロールが出現。最終的にロンとハリーがトロールを倒します。ここでホグワーツの先生たちが現場に集まってきて、スネイプ先生は怪我した足をハリーに見られてしまいます。

怪我した足を見たハリーは、スネイプ先生が三頭犬(フラッフィー)から賢者の石を盗もうとして咬まれたと推測。

実際、クィリルがトロールの校内侵入を知らせたあと、ダンブルドアの呼びかけで先生たちはトロール退治で地下室に向かうことになります。しかし、スネイプ先生だけ一人別の方向に向かって行きました。

しかし、ラストで賢者の石を盗もうとしたのがクィリル先生だと判明。スネイプ先生が賢者の石を盗もうとしてフラッフィーに咬まれたという説が消えました。

原作設定では、トロールの騒動のすきを狙ってクィレルが石を盗むだろうと考えたスネイプは、一人4階へ。クィレルを邪魔した際にフラッフィーに足を咬まれたということになっています。

なので、映画でもスネイプ先生は地下室ではなくフラッフィーのところに向かい、そのときに怪我したのでしょう。

スネイプはなぜクィディッチで呪文を唱えていた?

クィディッチの試合でハリーは自身で操縦ができなくなり、ほうきから落ちそうになります。

このとき、ハーマイオニーがスネイプ先生が呪文を唱えていたのを発見。スネイプ先生がハリーを操作していたと考え、足に火をつけるのでした。

実際はこのときハリーに呪文をかけていたのはクィレル。スネイプはクィレルを止めようとして呪文を唱えていたのです。

ですから、先生たちが観戦していたところが火事になると同時にハリーに対する呪文が解けたのも、ここにクィレル先生がいたからですね。

今作の黒幕はクィレル。

彼については下の記事にまとめているので合わせご覧ください

ハリーポッターと賢者の石のクィレルの顔はなぜヴォルデモート?灰になった理由も調査!

 

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントで、ハリー・ポッターシリーズ8作品から2作品が無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月1,990円(税抜)のところ31日間無料。

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA