ペッパーのレスキューとエクストリミス最強はどっち?マーク49の性能も調査!

Pocket

エンドゲームではレスキューとしてアーマー装着し、最終決戦に参戦したペッパー・ポッツ。

今回はパワードスーツ、レスキューのマーク49の能力や強さを中心に掘り下げていきます。アイアンマン3で見せたエクストリミスと比較して最強はどちらかについても考察していきたいと思います。

エンドゲームのペッパー・ポッツ

まずはアベンジャーズエンドゲームにおけるペッパー・ポッツについて、簡単に振り返っておきましょう。

彼女はサノスの指パッチンの影響を受けず、インフィニティ・ウォーの序盤でトニーと通信が途絶えてから、彼の帰りをずっと待っていたと思われます。アイアンマン3のときのような寂しさが心の中にあったでしょう。

トニーの帰還を一番で待っていたペッパー。本当に再会できてよかったですね。

それから5年が経ち、トニーとの間にモーガンが生まれ、森の中で平穏な生活を送っていました。そして彼女はトニーのタイムトラベルを止めませんでした。リスクを犯してでも失った仲間たちを救ってほしいという想いが彼女の中にもあったと思われます。

最終決戦では、復活組と一緒に決戦の地におりたちました。このときにレスキューのパワードスーツを着ていましたね。要所要所でレスキューの見せ場がありましたが、ラストはトニーの横で彼の最期を見守りました。

どんな時もトニーの一番近いところにいた彼女が一番つらかった場面でしょう。「トニー、大丈夫、ゆっくり眠って」という彼女が言葉は本当に泣けましたね。

ペッパーのレスキュースーツの能力は?

その名の通り、原作コミックでは元々救助を目的に開発されたアーマーでしたが、その後に戦闘の要素も加えられたようです。MCUにおけるアイアンマンのパワードスーツのナンバリングでは49番目の「マーク49」となっています。

色は青を基調に、グレーのラインが入っているのが特徴。

劇中では、トニーがもしものためにペッパー・ポッツに送ったものでしたが、アーマー嫌いの彼女は装着を拒んでいました。しかし、サノス軍に追い詰めらるトニーらを助けるため、助っ人として自身がアーマーを着て参戦することとなります。

マーク85と同様ナノテクノロジーが採用されており、背中から出る三角形のパネルが自由自在に組み合わせを変えリパルサーレイを発動可能となっています。

その他飛行能力や戦闘能力はマーク85と左程変わらないでしょう。

アイアンマン マーク85の性能や機能は?マーク50との比較やダサいかも調査!

最終決戦ではアイアンマンと背中を合わせで戦い、ピーターのガントレットリレーの手助けをしていましたね。ウーマンパワーのシーンでは、シュリとホープとともにサノスを止めていました。

レスキューとエクストリミス最強はどっち?

 

ペッパーはアイアンマン3でアルドリッチ・キリアンによりエクストリミスと適合してしまいます。その結果、素手でアイアンマンのパワードスーツを貫通させるほどの力を手に入れ、最終的に彼女が銃弾を蹴り飛ばしキリアンを爆撃させました。トニーもその強さにドン引きするほどすごい力を発揮していましたね。

レスキューと力を比較したときに、どちらが強いのでしょうか。

ナノテクノロジーのアーマーがエクストリミスの熱に耐えられるか微妙なところですが、近接戦になったらエクストリミスのほうが強いように思います。

遠距離からはリパルサーレイで攻撃できるレスキューのほうが有利と言えるでしょう。

最後に

以上、エンドゲームのペーパー及びレスキューの能力についてまとめました。

エンドゲームで初めて、パワードスーツを来て戦闘に参戦したペッパー。女性がアーマーを着ると、ローディやトニーと違った雰囲気でいいですよね。

エンドゲームで引退を表明しているペッパーですが、まだまだ彼女がスーツで登場するところが見たかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA