ザ・ボーイズ/シーズン4配信開始!

SSUはヴェノム3で打ち切り?今後スパイダーマンは登場しない?

スパイダーマンファン必見! ソニーのマーベル・シリーズであるSSUの今後について、気になる噂が飛び交っています。トム・ハーディ主演の『ヴェノム』シリーズが3作目で終了し、SSUも同時に幕を閉じるというのです。

さらに、スパイダーマンがSSUに登場しない可能性も浮上しています。MCUとの連携が期待されていたファンにとっては、まさに寝耳に水。一体なぜこのような事態になっているのでしょうか?

この記事では、SSUの今後に関する最新情報を徹底解説します。

噂の真相、今後の展開、そしてスパイダーマンの行方について、様々な角度から分析していきます。SSUの未来が気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。


SSUとは?MCUとの関係は?

SSUはソニーズ・スパイダーマン・ユニバースの略称で、ソニー・ピクチャーズが展開するスパイダーマン関連作品のシリーズです。

MCUとは異なる世界線で物語が展開され、スパイダーマンだけでなく、ヴェノムやモービウスなど、ソニーが権利を持っている様々なキャラクターが登場、世界観を共有しています。

MCUとSSUは、これまで直接的な繋がりはありません。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』と『モービウス』のポストクレジットシーンでクロスオーバーが実現するも、本編には直接的な繋がりはありませんでした。

『マダム・ウェブ』も独立した物語として描かれ、MCUだけでなくSSUとの関連性すら示唆されませんでした。


『ヴェノム3』でSSUは打ち切り・終了?

『ヴェノム3』の副題が「ラストダンス(The Last Dance)」であること、そしてそれがシリーズ3作目であることから、ヴェノム単独作としては区切りを迎えることが示唆されています。

また、SSU全体の動向を考慮すると、以下の点が懸念材料となります。

  • SSU作品の興行成績
  • スパイダーマンの不在
  • 「ラストダンス」という副題の含み

『モービウス』や『マダム・ウェブ』など、近年のSSU作品は興行的に成功しているとは言えません。

SSUにおけるスパイダーマンの登場が不透明な状況であり、シリーズの求心力を欠いている可能性があります。

「ラストダンス」という言葉には、ヴェノムだけでなくSSU全体に対する意味合いが含まれている可能性も否定できません。

 

これらの要素を総合的に判断すると、『ヴェノム3』を最後にSSUが終了、もしくは大幅な路線変更が行われる可能性は高いと言えるでしょう。


スパイダーマンは今後もSSUに登場しない?

現時点では、『スパイダーマン4』でスパイダーマンがMCUからSSUの世界に行くという公式情報はありません。

しかし、いくつかの要素からその可能性を考察することができます。

  • マルチバースの概念
  • ソニーとマーベルの契約
  • ファンの期待

ノー・ウェイ・ホームでマルチバースの概念を導入し、異なるユニバース間の行き来が可能になりました。

すでにポスクレでMCUとSSUのクロスオーバーが実現している今、スパイダーマンがSSUにいく可能性はあります。

また、ソニーとマーベル・スタジオは、スパイダーマンの映画化権を共有しており、両社の合意があれば、MCUのスパイダーマンがSSUに登場することも理論上は可能です。

『ノー・ウェイ・ホーム』での異なるスパイダーマンの共演は大きな反響を呼び、ファンからはMCUスパイダーマンとSSUキャラクターのさらなる共演を望む声も上がっています。

 

一方で、以下の点も考慮する必要があります。

  • SSUの独立性
  • ストーリーの整合性
  • 興行的なリスク

ソニーはSSUを独自のユニバースとして確立しようとしており、MCUとの過度な連携は避けたいと考えているかもしれません。

MCUスパイダーマンがSSUに来ることで、両ユニバースのストーリーに矛盾が生じる可能性もあります。

MCUスパイダーマンのSSU登場は、興行的には大きな魅力となりますが、同時に失敗した場合のリスクも大きくなります。

 

これらの要素を総合的に考えると、『スパイダーマン4』でMCUスパイダーマンがSSUに来る可能性は低いと言えます。しかし、マルチバースという概念が存在する以上、その可能性を完全に否定することはできません。


延期した「クレイヴン・ザ・ハンター」はどうなる?

当初2023年1月公開予定だった「クレイヴン・ザ・ハンター」は度重なる延期を経て、2024年6月現在公開日未定となっています。この延期にはいくつかの要因が考えられます。

一つは作品の方向性模索。

R指定作品として制作された本作は、SSUの世界観や他の作品との整合性を保つために、調整が必要になった可能性があります。

また、興行的な戦略を考慮し、 『ヴェノム3』や他の大作との兼ね合い、そしてより多くの観客動員を見込める時期への公開調整が行われたのかもしれません。

一方、ゲーム『Marvel’s Spider-Man 2』でのクレイヴンの活躍は、キャラクター人気を高める効果をもたらしました。映画版でもその人気を活かし、SSUにおける新たな展開に繋げたいという思惑もあるでしょう。


SSUの今後の展開は?

SSUの今後については、まだ公式発表はありません。

しかし、『ヴェノム3』の終了やスパイダーマンの登場見送りなど、ネガティブな情報が多く噂されており、ファンからは不安の声が上がっています。

一方、ソニーは、SSUのさらなる拡大を目指しているとも報じられています。新たなキャラクターの登場や、既存作品のスピンオフなど、様々な可能性が検討されているようです。

まとめ:SSUの未来は不透明

SSUの今後については、まだ多くの謎が残されています。『ヴェノム3』でシリーズが終了するのか、スパイダーマンは登場するのか、そしてSSUはどのような展開を見せるのか、今後の情報に注目が集まります。

SSUは、MCUとは異なる魅力を持つユニバースです。今後の展開次第では、さらに多くのファンを獲得できる可能性も秘めています。ぜひ今後のSSUに注目し、その動向を見守っていきましょう。