ザ・ボーイズ/シーズン4配信開始!

ジョン・ウィック4の日本公開日が遅い理由!コンセクエンスの意味は?

映画『ジョン・ウィック』シリーズは、元殺し屋の復讐を描いたアクション映画です。

2014年の第1作公開以来、世界中で大ヒットを記録し、シリーズ累計興行収入は10億ドルを超えています。

2023年3月24日には、シリーズ第4作『ジョン・ウィック:コンセクエンス』がアメリカで公開されました。日本では、2023年9月に公開される予定です。

本記事では、ジョン・ウィック4の日本公開日が遅い理由と、副題「コンセクエンス」の意味について、詳しく解説します。


ジョン・ウィック4の公開日

ジョン・ウィック4のアメリカ公開日は、2023年3月24日でした。日本公開日は2023年9月22日となっています。

アメリカと日本では、映画の公開時期が異なることは珍しくありません。しかし、ジョン・ウィック4の日本公開日は、アメリカ公開日から約半年遅れという異例のケースです。

ジョン・ウィック4の日本公開日が遅い理由

ジョン・ウィック4は、シリーズ最大のスケールで制作されています。

そのため、日本公開に先立って、宣伝やプロモーション活動に十分な時間を確保したかったと考えられます。

 

親日家で知られるキアヌ・リーブス。

彼の来日を含めたジャパン・プレミアを盛大にやりたかったため、アメリカ本国との公開日を開けた可能性もあるでしょう。(ストライキの影響からキアヌはプロモーションで来れなくなりましたが…)

また、公開日を遅らせることで、長期的にヒットさせたかったとも考えられます。

 

日本公開日にジョン・ウィックの前日談を描いたドラマ作品「ザ・コンチネンタル・ホテル:ジョン・ウィックの世界から」が配信スタート。

ドラマのプロモーションも兼ねて、遅らせた可能性もあるでしょう。

 

ジョン・ウィック3作品 “30日間見放題”

ドラマ・シリーズが独占配信開始!

 

ジョン・ウィック4の日本公開日が遅い理由はいくつか考えられますが、以下2つの可能性は低いですね。

  • コロナの影響
  • ストライキの影響

日本公開日が9月に決まったのは2023年5月。全米映画俳優組合(SAG-AFTRA)のストライキが始まったのは2023年7月です。

なので、ストライキを考慮した延期の可能性は低いですね。

 

また、ミッション・インポッシブル最新作など、他のハリウッド映画は約1週間遅れで日本公開しています。

ですので、収束傾向にあるコロナの影響でジョン・ウィックだけ遅くなったとは考えられません。


ジョン・ウィック4の副題「コンセクエンス」の意味

ジョン・ウィック4の副題「コンセクエンス」は、「結果」や「報い」という意味です。

ジョン・ウィックは、前作『ジョン・ウィック:パラベラム』で、高額な賞金を懸けられた暗殺ターゲットとなりました。そして、世界中の殺し屋から追われる身となります。

ジョン・ウィック4では、ジョンがこれまでの行動によって引き起こした「結果」や「報い」に直面することになります。

日本語吹き替え版予告編では、ジョン・ウィックが「結果に責任を持つ」というセリフがあります。これは、ジョンがこれまでの行動によって引き起こした「結果」に責任を持つことを決意していることを示しています。

2,3作目でも「誓印」が出る場面で、何度もコンセクエンス=”報い”という言葉が使われていました.


なぜチャプター4ではない?

ジョン・ウィック4のタイトルは、「ジョン・ウィック:コンセクエンス」となっています。チャプター4というタイトルではありません。

これは、ジョン・ウィック4が、シリーズの完結編ではなく、新たなシリーズの始まりであることを示すためだと考えられます。

ジョン・ウィック4は、ジョン・ウィックがこれまでの行動によって引き起こした「結果」や「報い」に直面する物語です。そして、この物語は、ジョン・ウィックが新たな道を歩むためのきっかけとなるでしょう。

>> ジョン・ウィック4の続編5作目は?コンセクエンスで完結する?

ジョン・ウィック3の副題「パラベラム」の意味

ジョン・ウィック3の副題「パラベラム」は、銃弾の口径の単位です。1パラベラムは、約0.357インチの口径です。

ジョン・ウィック3では、ジョンが使用する銃弾の口径が、1パラベラムに変更されました。これは、ジョンがこれまで以上に強力な銃弾を使用していることを意味しています。

まとめ

ジョン・ウィック4の日本公開日は、アメリカ公開日から約半年遅れで、2023年9月22日に決定しました。その理由は、以下の4つが考えられます。

  • シリーズ最大のスケールで制作されており、宣伝やプロモーション活動に十分な時間を確保したかったため。
  • 親日家で知られるキアヌ・リーブスの来日を含めたジャパン・プレミアを盛大にやりたかったため。
  • 公開日を遅らせることで、長期的にヒットさせたかったため。
  • 日本公開日にジョン・ウィックの前日談を描いたドラマ作品「コンチネンタル・ホテル:ジョン・ウィックの世界から」が配信スタートするため。

また、副題「コンセクエンス」は、「結果」や「報い」という意味であり、ジョン・ウィックがこれまでの行動によって引き起こした「結果」や「報い」に直面する物語であることが示唆されています。

ジョン・ウィック3作品 “30日間見放題”

ドラマ・シリーズが独占配信開始!

キアヌ・リーブス主演のジョン・ウィック・シリーズ以下3作品がAmazonのプライム・ビデオ(アマプラ)で見放題!

  • ジョン・ウィック
  • ジョン・ウィック:チャプター2
  • ジョン・ウィック:パラベラム

4作目ジョン・ウィック:コンセクエンスが2023年9月に公開。最新作の予習も兼ねて、この3作品を見ておくことをおすすめします。

さらに、4作目の公開と同時にジョン・ウィックの前日譚を描いたドラマ・シリーズ「ザ・コンチネンタルホテル:ジョン・ウィックの世界から」もアマプラで独占配信開始!

 

アマプラは最初の30日間は無料体験期間。よってこの期間に全部見れれば実質無料で視聴可能です。

>>Amazonプライム・ビデオ

本記事は2023年9月現在の情報です。最新の配信スケジュールは公式サイトをご確認ください!