エピソード8/最後のジェダイでルークは本当に死んだのか?なぜ消えたのか考察! | ブリンク映画調査隊           
         

エピソード8/最後のジェダイでルークは本当に死んだのか?なぜ消えたのか考察!

Pocket

スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ。

今回はルーク・スカイウォーカーの最期のシーンにフォーカスしてみていこうと思います。

注意
この記事ではエピソード8/最後のジェダイまでのスターウォーズ作品のネタバレを含みます

エピソード8/最後のジェダイでルークは本当に死んだのか?

ルークとカイロ・レンの対決シーン

最後のジェダイの終盤、惑星クレイトにてレジスタンスとファースト・オーダーがバトルを繰り広げる中、劣勢に立たされるレジスタンスの前にルーク・スカイウォーカーが登場。ファースト・オーダーの集中砲火を受けるも無傷の状態でした。

カイロ・レンとの一騎打ちになるとレンの攻撃を全てかわし無防備状態を晒しますが、レンのライトセーバーが貫通。ルークの実体はそこにはなく、惑星オク=トーからフォースの力で映し出しているだけだと判明します。

最後はレンに「また会おう、ベン」と言い、姿を元いた場所に戻します。すべての力を使い切ったルークは、夕焼けを背景にマントだけ残して姿を消しました。

ルークは本当に死んだのか

前作フォースの覚醒のハン・ソロの最後の場面と比較すると、ルークの最後のシーンはぼんやりとした描き方で、死んだのかただ消えただけなのか疑問に思った方がいるはず。

これに関してはエピソード4/新たなる希望のオビ=ワン・ケノービやエピソード6/ジェダイの帰還のヨーダの場面で既に答えが出ています。

エピソード4のオビワンは、師弟関係にあったダース・ベイダーと戦い、ベイダーのライトセーバーが触れた瞬間にはオビワンは消していました。また、ヨーダもルークとフォースの特訓をしたあと、自分の家でルークと会話する途中で自ら姿を消しています。これらのオビワンやヨーダの最期の場面と、最後のジェダイのルークのシーンは非常に似ていますね。

ルークはカイロ・レンとの戦いのあと、実体を惑星オク=トーに戻すとふたりと同様に姿を消しました。

彼らのような姿を消す死に方は、肉体がフォースと一体になることを意味しています。

エピソード9/スカイウォーカーの夜明けに再登場なるか

フォースと一体化することで、霊体として登場することが可能。最後のジェダイでヨーダが霊体として登場したのもエピソード6で既にフォースと一体になっていたから。彼が新三部作(エピソード1~3)の若い頃の姿ではなく、エピソード6の年老いた姿のはそのためですね。

ですから、ルークもエピソード9/スカイウォーカーの夜明けで霊体として登場する可能性はあでしょう。

レイにとっても、カイロ・レンにとってもルークの存在は大きいはず。

レイとは喧嘩別れした感じがあったので、師匠としてもう一度話してほしいところですね。

スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイの登場人物相関図! スターウォーズのレイの親は誰?フォースの覚醒&最後のジェダイを振り返りながら考察!

 

ここをクリック

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントでスターウォーズシリーズ2作品が無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月1990円のところ31日間無料。

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

通常バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA