アベンジャーズ(MCU)の時系列を表に!マーベル作品を年表にまとめてみた!

Pocket

MCUのフェイズ4で公開、さらには配信される作品が決定しましたね。今回はフェイズ3までのアベンジャーズを中心としたMCU作品(マーベル映画)の時系列を表を使いながら整理していきたいと思います。

公開順ではなく、時系列順に年表や表を見ながら、各フェイズを振り返って行きます。

23作品が公開され、時系列が複雑になってきたところで、一度整理しておいたほうがいいでしょう。

MCU作品を年表にすると…

公開順

公開順に並べると下のようになります。

アイアンマン1作目からスパイダーマン/ファーフロムホームまでをまとめて「インフィニティ・サーガ」と呼ばれています。

2008年からスタートしたMCUは、毎年1年に2,3作品が公開され、2019年までに23作品が公開されました。ここまで作品数が多い映画シリーズは他にないでしょう。

時系列順

これらの作品をざっくり出来事が起こった順番に年表にまとめると次のようになります。

1943年 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
1995年 キャプテン・マーベル
2009年 アイアンマン
2010年 インクレディブル・ハルク
            アイアンマン2
     マイティ・ソー
2012年 アベンジャーズ
2012年 アイアンマン3
2013年 マイティ・ソー/ダーク・ワールド
2014年 キャプテン・アメリカ /ウィンター・ソルジャー
     ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
     ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス
2015年 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
     アントマン
2016年 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
     ブラックパンサー
     スパイダーマン/ホームカミング
     ドクター・ストレンジ
2017年  マイティ・ソー/バトルロイヤル
2018年  アントマン&ワスプ
     アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
2023年 アベンジャーズ/エンドゲーム
     スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム

MCU作品は”フェイズ”という大きなまとまりによって物語が展開されています。

ただ、このフェイズはあくまでも公開順に並べたときのまとまりであり、時系列順に並べたときに少々ズレが生じます。

例えば、キャプテン・マーベル。この作品はアベンジャーズ/エンドゲームの直前に公開されましたが、出来事があったのは1995年。初期アベンジャーズが結成される前の物語です。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに関しても、インフィニティ・ウォーまで他の作品と関わりはなく、2作目のリミックスは1作目の数カ月後の出来事という設定です。

公開順ではなく時系列順に楽しみたいという方は、上の年表順に観ることをおすすめします。

MCU作品/アベンジャーズを表に整理すると…

フェイズ1~3までを登場キャラクターに沿って表にまとめると以下のようになります。

矢印にしたがって、それぞれのヒーローが次にどの作品に登場しているのかを示しています。

数多くのヒーローが登場しているので複雑ですね。

例えば、ソーというキャラクターに注目すると、彼は1作目のマイティ・ソーのあとアベンジャーズ1に登場。そのあと2作目のダーク・ワールドに出て、エイジ・オブ・ウルトロンに参戦。しかしその後はシビルウォーに出ず、3作目のバトルロイヤル(ラグナロク)に出た後インフィニティ・ウォー→エンドゲームに繋がります。

 

基本的にヒーロー単独作品の間にアベンジャーズやシビル・ウォーなどのクロスオーバー作品があり、そこでヒーローが一同に集結するとイメージしてくれるといいと思います。

非常に作品数が多いので上の表を見ながら好きなキャラクターに沿って見るのもあり。

各年代の時系列を解説!

ここからは、映画の内容に触れながら各年代の時系列を解説していきます。ざっくりではありますが、エンドゲームまでの内容を含みますので、まだみてない方はご注意ください!

ここをクリック

Disney+ (ディズニープラス)なら、31日間無料トライアル登録特典で「アベンジャーズ/エンドゲーム」までのMCU19作品が見放題!(アイアンマン1、インクレディブル・ハルク、スパイダーマン/ホームカミングは除く)

また、アナと雪の女王2やアラジンなどのディズニー作品、スターウォーズ作品も1ヶ月無料で視聴可能です。

ドコモの携帯電話をお持ちでない方も含め、通信会社を問わず月額700円(税抜)でどなたでもご利用いただけます。

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスで見れるマーベル作品は?X-MENは?スパイダーマンはなぜ見れない?

1943-2012年

2012年のアベンジャーズ1作目までは、アベンジャーズのオリジナル6(アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ホークアイ)がシールドと関わりながら、アベンジャーズを結成するまでのストーリーです。

 

1943年にスティーブ・ロジャースが超人血清を受けキャプテン・アメリカとなり、その後2011年までの約70年間氷漬け状態になります。

キャップが氷漬けになった約半世紀後の1995年、キャロル・ダンバースがニック・フューリーと出会い、キャプテン・マーベルになります。

そして、2000年代に入って、アイアンマンやハルク、ソーが登場。シールドのメンバーとして、ブラック・ウィドウやホークアイが出てきたといった感じです。

 

もし、初期アベンジャーズにキャプテン・マーベルが加わっていたら、また違った展開があったかもしれませんね。

2012-2015年

アベンジャーズのニューヨーク決戦のあと、まずビック3(アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー)のアベンジャーズ後について描かれます。

アイアンマン3は、アベンジャーズのニューヨーク決戦(2012年)から7ヶ月後のストーリー。

マイティ・ソー/ダーク・ワールドは2013年の出来事になります。

そして、キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーは、ニューヨーク決戦から2年後。

2014年に結成されたガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。先程も触れましたが続編のリミックスは、GoGを結成しパワーストーンをロナンから取り返した数カ月後の物語です。

 

スカーレット・ウィッチとヴィジョンが初登場したアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン。アベンジャーズがウルトロンと対決したソコヴィアでの戦いがあったのは2015年です。

アントマン誕生秘話は、ソコヴィアの戦いから数ヶ月のストーリー。ファルコンと対決をしたのをきっかけに、翌年のシビル・ウォーに招集されることになります。

2016-2023年

キャプテン・アメリカの3作目シビル・ウォー。

ソコヴィア協定賛成派と反対派でアベンジャーズ内が対立したシビル・ウォーは2016年に起こりました。前作のアントマンに加え、新キャラクターとしてスパイダーマンやブラックパンサーも登場。

スパイダーマン/ホームカミングは、シビル・ウォーの直後のストーリーですね。

ブラックパンサーもシビル・ウォー後の時系列で、ワカンダ国国王ティ・チャカが亡くなったことで、息子のティ・チャラが新国王になるまでがブラックパンサーで描かれます。

 

それからドクターストレンジが初登場。

シビル・ウォーに登場していなかったソーの3作目:マイティ・ソー/バトルロイヤルはソコヴィアでの戦いから2年、つまり時系列は2017年。前作のドクターストレンジも登場しました。

そして、バトルロイヤルのエンディングがそのまま、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーに直結します。

シビル・ウォーから軟禁生活をしていたアントマン(スコット・ラング)の続編アントマン&ワスプの時系列は、インフィニティ・ウォーとほぼ同時期。

アベンジャーズ/エンドゲームの冒頭はインフィニティ・ウォーの直後、物語の中心はそれから5年後つまり2023年となっています。

フェイズ3の最後を締めるスパイダーマン/ファーフロムホームは、エンドゲームから数カ月後を描いた作品でした。

アベンジャーズ/エンドゲームの時系列やタイムトラベルを解説!

最後に

以上、MCUの23作品の時系列を表や年表を使いながらまとめました。

こう見ると、ここまで複雑な作品を11年間かけてまとめ上げてきたマーベル・スタジオは本当にすごいと思います。普通なら、キャラクター関係や時系列が収集つかなくなってもおかしくないでしょう。

フェイズ4以降、どのように物語が展開されるか楽しみですね!

Disney+ (ディズニープラス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA