ゴジラvsコングの続編やその後は?モンスターバース5作目の予定はなしで打ち切り?

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1134298

モンスターバース最新作「ゴジラvsコング」。

今回は今後のモンスターバースについて記事にしていきます。

果たしてモンスターバースの5作目の予定はあるのか。

モンスターバースは今回のゴジラvsコングで終了、打ち切り、という噂があるのでその辺りどうなったのか掘り下げていきます。

ゴジラvsコングの続編やその後は?

モンスターバース5作目の予定はなしで打ち切り?

モンスターバースは2014年公開の「GODZILLA ゴジラ」から始まり、ゴジラvsコングでシリーズ4作目となりました。

  • 2014 GODZILLA ゴジラ
  • 2017 キングコング 髑髏島の巨神
  • 2019 ゴジラ キングオブモンスターズ
  • 2021 ゴジラvsコング

2015年の9月に「キングコング 髑髏島の巨神」の制作の発表。これとほぼ同じ時期に「ゴジラvsコング」の制作が発表されていました。

しかし、その後のモンスターバースの展開について公式から発表はなく、「ゴジラvsコング」でモンスターバースが打ち切りになると噂されるようになります。

 

モンスターバースが打ち切りになると言われている要因として、前作のゴジラ キングオブモンスターズの興行成績が良くなかったことが挙げられます。

  • GODZILLA ゴジラ      5億2900万ドル
  • 髑髏島の巨神      5億6666万ドル
  • キングオブモンスターズ 3億8860万ドル

上記の通り、2014年のゴジラと髑髏島の巨神と比べて、キングオブモンスターズの成績が下がっていることがわかります。

この成績不振を受け、モンスターバースはゴジラvsコングで打ち切りになったと予想されます。

ゴジラvsコングはテネット越えの大ヒット

そんな中、2021年5月14日に日本公開を控えた「ゴジラvsコング」は、3月に全米で一足先に公開。

なんと、ゴジラvsコングがコロナ渦で上映されたクリストファー・ノーランのSF映画「テネット」を超える興行成績を叩き出しました。

テネットの公開2週間の興行成績5800万ドルを上回る7000万ドルの成績を収めたゴジラvsコング。

昨年12月に公開されたワンダーウーマンも公開2週間で4625万ドルに留まっているため、コロナ後に公開された映画で一番の滑り出しを見せていると言えます。

モンスターバース5作目は期待できる?

ゴジラvsコングのヒットを受け、モンスターバースの続編が制作される可能性は非常に高いですね。

具体的にどの怪獣が姿を現すかわかりませんが、ゴジラとキングコングに代わる新しい怪獣の登場はありそうです。

ゴジラvs〇〇といった東宝の怪獣の登場やゴジラとキングコングが共闘して新怪獣を倒す展開が期待できそうですね。

パシフィック・リムも参戦は可能?

また、モンスターバースを制作するレジェンダリー・ピクチャーズがパシフィック・リムシリーズも手掛けていることから、パシフィック・リムのイェーガーの登場もあり得るかもしれません。

パシフィック・リムの巨大ロボットとゴジラやその他巨大怪獣との対決が見れるのではないかと期待するファンがいますね。

ゴジラvsコングの予告を観たときに、パシフィック・リム1作目を彷彿とさせる香港のネオンシティを舞台になっていたので、イェーガーvsゴジラや、イェーガーvsキングコングという展開になったら面白そうだと思いました。

 

果たして、ゴジラvsコングのその後の物語はどのように展開されるのか。

まだ次回作が決まったわけではないですが、全米でヒットしているので続編は大いに期待できるでしょう。

【追記】モンスターバース5作目の製作が決定

ゴジラvsコングの大ヒットを受け、モンスターバース5作目の製作が進行していると報じられました。

どうやら、ゴジラvsコングで監督を務めたアダム・ウィンガードに再びメガフォンをとってもらおうと交渉が入っているようです。

今回、製作が決まったことだけが発表され、5作目の公開日やどの怪獣が登場するかなどの具体的な内容については明らかになっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA