ゴジラのスピンオフドラマ配信開始!

【ネタバレ】ズートピアの黒幕は〇〇!?副市長の羊の名前や吹き替え声優は?

今回は、ディズニー映画「ズートピア」の黒幕と、羊の副市長についてまとめていきます。

注意

この記事ではズートピアのネタバレを含みます。

まだ見てない方はディズニープラスで!Disney+ではズートピアが見放題。

ディズニー作品見放題

羊の副市長の名前は?吹き替え声優は?

副市長の名前は、ドーン・べルウェザー(Dawn Bellwether) 。

“Bellwether”とは、羊の群れを先導する鈴をつけた羊のことで、先導者や率先する人といった意味にもなります。

今作では、ある計画のリーダーとして、ダグやWoolter, Jesseを先導していました。

他の羊や現実世界の羊と異なり、目が長方形ではありません。


日本語吹き替え版の声優は、竹内順子さん。

うずまきナルトやイナズマイレブンの円堂守役などで知られています。

ズートピアの黒幕は〇〇!?

そして物語の終盤、今作の黒幕/悪役が副市長のベルウェザーだったことが明らかになります。

サプライズ・ヴィランとしては、女性初のディズニー・アニメーションキャラクターになりました。

ベルウェザーの目的

ベルウェザーの計画は、ズートピアで発生する肉食動物による事件をでっち上げ、肉食動物を凶暴な存在として世間に印象づけること、そしてその結果、草食動物が優位な社会を作ることを目的としていました。

彼女が黒幕になった理由は以下の2つが考えられます。

草食動物としての劣等感
政治家としての野心

1つ目は、草食動物としての劣等感です。

ベルウェザーは羊であり、肉食動物と比べて身体能力や攻撃力に劣る草食動物です。そのため、肉食動物から常に脅威を感じており、草食動物が下位に置かれる社会に不満を抱いていたと思われます。

実際、彼女は副市長ながら市長のライオンハート秘書同然の扱いを受けていました。

2つ目は、政治家としての野心です。

肉食動物が凶暴であると世間に印象づけることができれいば、市長はやめざる負えない。そうなれば自分が彼に代わって市長になると考えていたと思います。

ベルウェザーはライオンハートを失脚させ市長になり、計画は一時は成功したかのように見えました。


ズートピアが伝えたかったこと

ベルウェザーの黒幕としての役割は、ズートピアという理想郷の裏側に潜む差別や偏見を象徴するものであると言えます。

ベルウェザーの計画は、肉食動物への偏見を煽ることで、草食動物が優位な社会を作ることを目的としていました。しかし、これはあくまでもベルウェザーの思い込みであり、実際には差別や偏見は誰も幸せにしません。

ベルウェザーの失敗は、差別や偏見の危険性を示唆するものであると言えます。そして、私たち一人ひとりが、差別や偏見をなくすために行動することが重要であることを教えてくれるのです。

具体的には、以下の点が挙げられます。

  • 草食動物と肉食動物の違いを認め、お互いを尊重する。
  • 差別や偏見を助長するような言動や行動をしない。
  • 差別や偏見をなくすための取り組みを支援する。

私たち一人ひとりが、このような行動を心がけることで、差別や偏見のない社会を実現することができるでしょう。


ベルウェザーはかわいそう?現実世界でも問題視されているパワハラ

ベルウェザーは今作の黒幕で事件の犯人だったわけですが、彼女に対して「かわいそう」という声が挙がっています。

今回、ベルウェザーが犯行に及んだきっかけとなったのが、ライオンハートから不当な扱いを受けいたこと。上司からのパワハラですね。

仕事部屋だった狭いボイラー室を見ても、孤独で劣悪な環境で仕事をしていた想像できます。

 

事件は解決され、「肉食動物だから凶暴になるわけではない」ことは明らかになりました。しかしながら、上司からのパワハラについては問題視されていません。

確かに、社会的に立場が弱くても自分の努力次第でどうにかなることを証明してくれたのは、主人公ジュディでした。ただ彼女がうまくいったのはニックとの出会いがあったから。

ベルウェザーにも相談する相手、頼りになる人がいれば、犯行に及ばなかったと思うとかわいそうですね。