007ノータイムトゥダイの意味は?慰めの報酬やスペクターとは?

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1155923

「007 ノータイムトゥダイ」が公開。

この記事では、タイトルに意味にフォーカスして、ノータイムトゥーダイの意味は何なのか、また、ダニエル・クレイグ版007の慰めの報酬やスカイフォール、スペクターの意味も振り返っていきます。

007ノータイムトゥダイの意味は?

ノータイムトゥーダイは英語でNo Time to Die。直訳すると「死ぬための時間がない」という意味になります。

ここから、「死んでる場合ではない」というニュアンスになります。

今作がダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じるラストの作品ということで、今まで以上に窮地に立たされ、こんなところで死んでる場合ではないと奮起するシーンがあるのではないでしょうか。

 

また、to Die (死ぬこと)はNo Time(時間がゼロ=非常に短い)から、「死ぬというのは、一瞬の出来事だ」といった意味も込められていると考えています。

 

ちなみに、007シリーズでタイトルにDie(ダイ)が含まれているのは、今作の他に下の3作品。

  • Live and Let Die:死ぬのは奴らだ
  • Tomorrow Never Dies:トゥモロー・ネバー・ダイ
  • Die Another Day:ダイ・アナザー・デイ

もしかしたら、ノータイムトゥーダイはこの3作品と共通点があるのかもしれません。

ダニエル・クレイグ版007のタイトルの意味は?

ダニエル・クレイグ版007の他のタイトルも確認しておきましょう。

注意
ここからはカジノ・ロワイヤルからスペクターまでのネタバレを含みます

まだ見てない方はぜひアマゾンプライムで!

30日間無料 007シリーズ24作品見放題

※その後はわずか月額¥500

007ノー・タイム・トゥ・ダイの前に最低限見るべきは?予習になる作品を解説!

カジノ・ロワイヤル/Casino Royale

カジノを舞台にボンドとルッシフが対決。

ロワイヤルとは、フランス語で「王の」という意味を表す形容詞。英語ではRoyalとなり、カタカタではロイヤルと表記されます。ロイヤル・ファミリー(王室)などで使われますね。

 

プロレスやFPSゲームで使われるバトル・ロワイヤルでよく耳にする言葉。これは大多数の乱戦を指し、最後の一人(1チーム)が残るまで戦うという意味があります。

今作も1位をかけたポーカーの戦いという意味でカジノ・ロワイヤルとなったのでしょう。

慰めの報酬/Quantum of Solace

Quantum of Solaceは、007の原作「薔薇と拳銃」の中の短編「Quantum of Solace(邦題:ナッソーの夜に)」がもとになっています。

quantumは物理学の意味で「量子」。一般的には、quantum of ~で少量の~という使われ方をします。そして、Solaceは「慰め」という意味ですから、Quantum of Solaceを直訳すると、「少しばかりの慰め」になりますね。

前作で恋人ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド。彼女を死に追い込んだ組織に復讐することで、少しばかりの慰めを得ることができるということでしょう。

スカイフォール/Skyfall

スカイフォールは、ジェームズ・ボンドが生まれ育った場所の名前

今作のクライマックスの舞台になります。特に元になっている意味はなく、実在している地名でもありません。

スペクター/Spectre

スペクターは、今作の悪役ブロフェルドが率いる悪の組織。

これまでボンドと対決してきたルッシフ、グリーン、ラウル、ミスターホワイトがスペクターの一員だったことが判明します。

Spectreを訳すと化け物、幽霊という意味になります。ブロフェルドも子供の頃に雪崩で死んだことになっていましたが、幽霊のように現実世界に存在し続け、巨大組織を裏で操っていたのでした。

007ノータイムトゥダイの登場人物相関図!ボンドと他キャラの関係

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA