アイアンマン3のネタバレあり感想!久しぶりに観たら楽しめた!

Pocket

シャンチーで本物のマンダリンの登場が示唆される中で、テンリングス、マンダリンについて復習しておこうと思い、エンドゲーム後初めてアイアンマン3を観ました。

そしたら、意外と楽しめたので今回はアイアンマン3の感想を述べていきたいと思います。

注意
この記事ではアイアンマン3のネタバレを含みます。

 

初見のときはあまり楽しめなかった…

私は2013年にアイアンマン3を映画館で観て、そのときはあまり楽しめなかった記憶があります。

理由は、MCUにはまるきっかけとなったアベンジャーズのようなヒーローが一同に集結したときの興奮もなく、スーツの装着シーンが好みではなかったからだと思います。

ストーリーを通してアベンジャーズ後のトニーの葛藤にフォーカスされ、さらに、アイアンマンなのにちゃんとスーツを装着しているシーンが少なかった印象です。

個人的にマーク42のばらばらになるところや遠隔操作でとトニーが自らスーツの中に入らなかったのも好きではなれなかった要因と言えますね。

アイアンマン3のネタバレあり感想!久しぶりに観たら楽しめた!

それから6年くらいが経ち、アベンジャーズエンドゲーム後に久しぶりにアイアンマン3を観ました。そしたら意外と楽しめましたね。当時高校生だった私が成長して映画に対する味方が変わったからというのが大きいでしょう。

アイアンマン3を観て楽しめた要因についていくつか述べていきたいと思います。

トニーとハーレーの絆

まずはトニーとハーレーについて。ふたりは似た者同士で会ったばかりでしたが相性の良さを感じました。

初めてふたりが会ったときにトニーがハーレーの自作のポテトガンの不備を指摘するシーンがありますが、実際はトニーが想像した以上の能力を発揮し、やられたって顔をしていました。

彼には、トニーと似たような才能を持っていて、マーク42を復活させるのに大きく貢献していましたね。ハーレーがトニーの支持を受けながら行動するシーンを観て、スパイダーマンにおけるネッドを想像してしまいました。

 

エンドゲームではトニーの娘とハーレーが登場し、アイアンマンの後継者はモーガンになるのかハーレーになるかで議論されていますね。

アイアンマン3を観た自分は、ハーレーにアイアンマンを継いでほしいと思いました。それこそ、モーガンはレスキューの後継者になればいいかと。

トニーのスーパパワーは高い技術力と天才的な頭脳

トニー・スタークが強いのは、アイアンマンのパワードスーツを着ているからと思ってしまいがちですが、注目すべきは彼の天才的な頭脳と高い技術力があってこそのアイアンマンであること。

アイアンマン3では、そのことが多くの場面から垣間見えたと思います。例えば、エクストリミスを相手に電子レンジを使ったガス爆発を起こすシーンや、アジトに潜入しキリアンの部下を数人気絶させるシーン。

最初は生身だとやられてしまうのではないかという緊張感をもたせつつ、そこをうまく科学技術を応用して切り抜いていく姿は、やっぱトニーにしかできないことだと思って感心してしまいましたね。

テンリングス、マンダリンについて

フェイズ4で公開されるシャンチーの副題が「レジェンド・オブ・テンリングス」となったことで、本物のマンダリン、彼が率いるテンリングスがまだ活動している可能性がでてきました。

アイアンマン3ではその伏線があるのではないかと思い、妄想を膨らませながら見ることができましたね。

残念ながらアイアンマン3のマンダリンは偽物。アルドリッチ・キリアンがエクストリミス計画の爆発による失敗を他人におしつけるため、偽物のマンダリンがやったことにでっち上げたものでした。なので、アイアンマン3ではマンダリンは存在しません。

では、本物のマンダリンやテンリングスはどこで何をしていたのか、偽物といいつつ、爆破にはテンリングスが関与していたのではないかと考えてしまいましたね。

 

キリアンについては、過去にトニーに見向きもしてくれなかったことへの復讐、見返したいという想いで、エクストリミス計画を実行していたので動機として納得できました。

トニーに対する恨みという観点から、スパイダーマン:ファーフロムホームにおけるミステリオと重ねながら見ることができましたね。

まだ水面下で動いているテンリングスにとってトニー・スターク/アイアンマンは因縁の相手。アイアンマン1で最初はトニーを拉致したものの、最後はアイアンマンにアジトを壊されてしまいました。なのでキリアンやミステリオと同じくらい彼に憎しみを抱いているテロ組織と言っていいでしょう。

なので、シャンチーでアイアンマンと関連した何かがあるかもしれません。そのあたりも想像しながらアイアンマン3を見ることができました。

最後に

以上、エンドゲーム後に久しぶりにアイアンマン3を観て、そのときに感じたことをまとめました。

スーツに関してはマイナスポイントではありますが、それ以上に生身のトニーの戦闘シーンやハーレーの関係、ヴィランについて考えることができました。

MCU映画の面白さは、単体作品ではなく、他の作品との伏線や共通点を探しながら見ることでより一層楽しめるものだと思います。

これを機に、他の作品も振り返っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です