ワイスピ/スーパーコンボのエンドロール後を考察!デッドプール役の俳優も登場!

Pocket

ワイルドスピード/スーパーコンボが公開されましたね。

今作では、デッドプール役のあの俳優の登場など主要キャラクターに加え、サブキャラクターとして印象に残った人物がいましたね。

また、エンドロール後に次回作につながる伏線を残しており、それについても考察していきたいと思います。

ワイルドスピード/スーパーコンボに登場したサブキャラクター

デッドプール役ライアン・レイノルズ

CIAの一員として働いていて、ハッティを捉える際、ホブスに仕事を依頼していた人。

声で気づいた方が多いと思いますが、彼はデッドプール役のライアン・レイノルズ。

  • 生年月日:1976年10月23日(42歳)
  • 出身:カナダ・バンクーバー
  • 身長:188cm
  • 配偶者:スカーレット・ヨハンソン(2008-2010)ブレイク・ライブリー(2012年-)
  • 代表作:ウルヴァリン:XMEN  ZERO、グリーンランタン、デッドプールシリーズ

今作の監督がデッドプール2を手掛けたデヴィッド・リーチということで、ライアンがキャスティングされたのだと思います。

デッドプールのときと似たようなキャラクターでとにかく話が長い。カメオ出演のわりには彼の尺が長かったように感じていますね。

ジュマンジでドウェイン・ジョンソンと共演中のケヴィン・ハート

ライアンに続き、カメオ出演の割に印象が強かったケヴィン・ハート。彼の役名はAir Marshall Dinkley。

指名手配されている3人が飛行機に乗っているときに、口喧嘩をしているホブスとショウの仲介役となった人。なんでも手配できる人で、間接的にハッティの体内からウイルスを取り除くミッションに関わったといえるでしょう。

彼も話が長く、正直どんな内容を話していたかあまり覚えてないですね。

  • 生年月日:1979年7月6日(40歳)
  • 出身:アメリカ合衆国ペンシルベニア州
  • 身長:163cm
  • 職業:俳優、コメディアン
  • 代表作:ペット、ジュマンジ

ケヴィンはジュマンジの主要キャラクターとして、ホブス役のドウェイン・ジョンソンと共演しています。同映画でドウェインと相性が良かったことから、今回スーパーコンボにもキャスティングされたのだと思います。

ちなみに、ジュマンジの続編「ジュマンジ/ネクスト・レベル」は今年のクリスマスに日米同時公開。

 

ワイルドスピード/スーパーコンボのエンドロール後について

スーパーコンボのラストで2つのエンドロール後のムービーが流れました。

一つはライアン・レイノルズが襲撃を受けてホブスに電話をするシーン。新型ウイルスが発見され、彼いわく今度は皮膚を溶かすものだとか。

ということで、このウイルスが次回作につながる伏線となるのでしょう。ただ、またウイルスだと今作と変わらないストーリーになることが予想され、面白くなるのか心配ですね。

ブリクストンを支配していたラスボスがまだ生きていることから、次回作では彼が表に出てくるかもしれません

そしてもう一つは、ホブスがショウに電話をしたあとに、ショウのいたカフェに警察が襲撃するシーン。なぜ、彼のところに警察が来たのかよくわかりませんが、どうやらホブスが彼を裏切り通報した模様。

そういえば、ホブスとショウの決着はまだついていないので、次回作では再びホブスvsショウの展開が見れるかもしれませんね。

最後に

以上、ワイルドスピード/スーパーコンボのエンドロール後についてと、カメオ出演していたふたりの俳優についてまとめました。

カメオ出演したライアン・レイノルズとケヴィン・ハートは、スーパーコンボの監督やキャストと接点があったことで、キャスティングされたのではないかということでした。

エンドロール後に、新たにウイルスが発見されことが判明し、再びホブスとショウが対立する伏線を残しており、続編が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です