アベンジャーズのサノス役の俳優は誰?初登場作品や彼の目的、娘や仲間について調査!

Pocket

アベンジャーズ/エンドゲームで最後までアベンジャーズを苦しめたサノス。今回はそんな彼にフォーカスして、俳優、初登場作品、サノスの目的について見ていこうと思います。

彼に関わった仲間や娘についても掘り下げていきます。

サノスの初登場作品はアベンジャーズ1作目?

サノスがMCUに初登場したのはアベンジャーズ一作目の2012年。今から7年前になるんですね。

劇中では登場しませんでしたが、エンドロール前のポストクレジットに出てきます。

宇宙のどこかで、部下から地球侵略に失敗した報告を受けるサノス。

最後に不気味な笑みを浮かべる姿がありました。何か企んでいる様子ではありましたが、まさかインフィニティ・ウォーであそこまでするとは予想できませんでしたね。

 

この後、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー1作目に出演。

エイジ・オブ・ウルトロンのポストクレジットでは、ガントレットをはめるシーンがありました。この段階でインフィニティ・ストーンを手に入れる準備ができていたのでしょう。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー、エンドゲームではメインヴィランとして、アベンジャーズの前に立ちはだかりました。

アベンジャーズのサノス役の俳優は誰?

ここで、サノス役を演じた俳優について見ておきましょう。

サノスを演じたのは、ジョシュ・ブローリン。プロフィールは以下のとおりです。

  • 名前:ジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)
  • 生年月日:1968年2月12日(51歳)
  • 出身:アメリカ合衆国カリフォルニア州
  • 身長:178cm
  • 代表作:アベンジャーズシリーズ、メン・イン・ブラック3、デッドプール2
  • インスタグラム

サノス/アベンジャーズ・インフィニティウォー

ヤング・エージェントK/メン・イン・ブラック3

ケーブル/デッドプール2

 

ジョシュ・ブローリンは9年間生活を共にした女優のダイアン・レインと2013年に離婚。2015年に20歳年下のモデル、キャスリン・ボイドと再婚しました。2018年にはふたりの間に女児が誕生しています。

サノスの娘や仲間について

娘のガモーラとネビュラ

サノスの娘はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに登場したガモーラとネビュラですが、ふたりともサノスと血の繋がりはなく義理の娘にあたります。ガモーラは幼い頃に、サノス軍に両親を殺され、サノスに暗殺者として育て上げました。ガモーラはそんなサノスに対して憎しみを抱いています。

 

ネビュラはガモーラの義妹になりますが、彼女の家族やバックストーリーはあまりMCUで語られておりません。ガモーラと同様にサノスに殺し屋として育てられたサイボーグです。彼女はガモーラとの訓練で一度も勝てず、負けるたびにサイボーグ手術を受けることになります。

ですから、ガモーラに対して憎しみを抱いています。ただ、ふたりは作品を重ねるごとに姉妹らしい絆を見せ始めます。

ブラックオーダー

インフィニティ・ウォーに登場したブラックオーダー。バラバラになっているアベンジャーズの各地に現れ、彼れを苦しめました。

エボニー・マウ

魔術師であり、IW冒頭の場面でドクター・ストレンジを連れ去った人物。物体を自在に操る能力を持っており、同じく魔術師のドクター・ストレンジですら歯が立ちませんでした。厄介な相手になると思っていたら、退場場面はあっさりしていて、宇宙空間に放り出されて死んでしまいました。

カル・オブシディアン

ハルクやサノスに似た巨漢の戦士。冒頭ではアイアンマンとスパイダーマンが二人ががりで相手をしますが、致命傷を与えることはできず。終盤ハルクバスターのスーツの片腕を総直して、ワカンダのバリアにぶつかり自爆。

プロキシマ・ミッドナイト

ブラックオーダーの中で唯一の女戦士。冒頭特殊能力をもつワンダと互角に戦う場面がありました。終盤では、ワンダ、ナターシャ、オコエ、と3対1で戦い、最終的にスラッシャーに粉砕されます。

コーヴァス・グレイブ

金色の槍をもつ戦士。冒頭、ヴィジョンの腹にやりを突き刺し、何度もマインドストーンを取ろうとしました。終盤、再びマインドストーンを狙ってヴィジョンに挑むが、スティーブの援護をもらったおかげで、最終的にヴィジョンに刺され死んでしまいます。

 

ということでインフィニティ・ウォーの戦いでブラックオーダーは全滅。しかし、エンドゲームで2014年のサノス軍を2023年に呼び寄せてしまったため、サノスと同様、彼らも復活することになります。

サノス目的は?

インフィニティ・ウォーでのサノスの目的は、「全生命体の半分を消し去り、宇宙の不均衡を正す」というものでした。サノスは過去に自分の故郷である惑星タイタンの滅亡を阻止することができず、それ以来、全宇宙の生命体の半分を滅亡させれば、半分は生き残り反映できると考えます。

ですから、IWでサノスはインフィニティ・ストーンを6つ集め、全生命体の半分を消し去るというミッションを実行。実際、地球では半分の人口が消えることになります。

エンドゲームでサノスは最後どうなった?

エンドゲームのラスト、トニーが「I am Ironman.」といながら指パッチンしたことで、サノスを含む敵は全員ちりになりました。

アイアンマンが犠牲になることで、アベンジャーズが勝利しましたが、本当にサノスは死んだのでしょうか。

インフィニティ・ウォーでサノスの指パッチンで消えた人々が復活したように、まだ、誰かがストーンを集め指パッチンすれば、サノス軍は生き返るのではと思ってしまいます。

最後に

以上、アベンジャーズに登場したサノスについてまとめました。

インフィニティ・ウォーからエンドゲームの最後までアベンジャーズを苦しめたサノスは本当に強く、彼がいたからこそ、緊張感が生まれ2作品が面白くなった思います。MCUはまだまだ続きますが、彼を越えるヴィランは現れるこはなかなか想像できませんが、MCUならやってくれると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です