ドラマ「ロキ」の予告編を考察!TVAの目的は?ナターシャ/ブラック・ウィドウが登場!?

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1138746

6月11日よりディズニープラスで配信スタートするドラマ「ロキ」

その最新予告編が解禁されましたので、分かる範囲で考察していこうと思います。

初回31日間無料 マーベル25作品以上見放題

その後はわずか月額¥770

ドラマ「ロキ」の最新予告編が公開

4月5日にドラマ「ロキ」の予告編が解禁。

2分16分と今まで一番長い映像が公開され、ロキの世界観が明らかになってきました。

ドラマ「ロキ」の予告編を考察!

TVAの目的は?なぜロキを逮捕?

以前の予告編からロキがTVA(Time Variance Authority)に捕まることは明らかになっていましたが、この機関の全貌が見えてきましたね。

コミックではTVAはマルチバースを監視する機関。MCUの世界でも似たような役割を果たしていると思われます。

オーウェン・ウィルソン演じるメビウス・m・メビウスが「We protect the proper flow of time」と言っているので、TVAが正しい時間の流れを守るのが目的であることがわかります。

 

途中の映像にあったとおり、TVAがオリジナルのタイムラインから分岐する世界線を監視しているのでしょう。

だからこそ、四次元キューブを持って違う世界に逃げたロキを逮捕したのでしょうね。

 

しばらくして、メビウスが「I want you to help us to fix it.」と言っているで、新しくできてしまったタイムラインをTVAとともに修復するのがロキのミッションとなりそうです。

映像より、複数の派生したタイムラインがあるようなので、彼がいろんな時代に行ってそのタイムラインを修正するという展開になると予想されます。

分岐して違う世界に言ってしまった人物を捕獲する任務を与えられるのかもしれません。

おそらくその過程で、映像にあった滅びたニューヨークやアスガルドに訪れることになるのでしょう。

エンドゲームでエンシェント・ワンが、ストーンを失ったことで生まれた別タイムラインでは、「闇の力と戦う武器を持たず、世界は制圧され何百万人もが苦しむ」と言っていました。ロキが訪れたニューヨークはまさにその世界と思われます。

キャプテン・マーベルのグースが登場?

予告の途中に猫が登場しましたね。

初めて映像を見たときは、キャプテン・マーベルに登場した猫グース?と思ってしまいました。

しかし、見比べてみると色が違うし、首輪もつけていたないのでグースではなさそうです。

ただ、ロキがビビっているのを見ると普通の猫ではないので、別アースのフラーケンかもしれません。

別の世界のブラック・ウィドウが登場?

予告編には、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフと思わせる女性が登場。

エンドゲーム以降、ブラック・ウィドウもオリジナルタイムラインには存在しませんが、ロキがいる世界にはいるのかもしれなません。

それか、ロキがいろいろな時代に行く過程でナターシャに遭遇するのかも。アベンジャーズを結成する前の暗殺者として活動するナターシャに会える可能性もあるでしょう。

 

初回31日間無料 マーベル25作品以上見放題

その後はわずか月額¥770

Disney+ (ディズニープラス)なら、31日間無料トライアル登録特典でアベンジャーズ/エンドゲームやX-MENといったマーベル25作品以上が見放題!

オリジナルドラマ「ワンダヴィジョン」、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」そして「ロキ」が見れるのはディズニープラスだけ!

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

Disney+ (ディズニープラス)

※2019年までに公開されたマーベル・スタジオが制作するMCU作品の内、アイアンマン1作目、インクレディブル・ハルク、スパイダーマン/ホームカミング、そしてスパイダーマン/ファーフロムホームはディズニープラスで視聴できません。X-MENシリーズは一部の作品がディズニープラスで視聴可能。詳しくはDisney+ (ディズニープラス)公式ページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA