ワンダーウーマン1984の敵チーターは何者?能力や女優をチェック!

Pocket

映画ワンダーウーマン1984でワンダーウーマンことダイアナの敵として登場するであろうチーター。

既に予告編でワンダーウーマンとチーターが戦う様子が描かれており、今作のメインキャラクターの一人であることは間違いないでしょう。

今回はそんなチーターの能力や彼女を演じる女優さんについて見ていきます。

原作コミックの設定を見ながら、本作でどのような役割で登場するのか考察していきたいと思います。

 

前作のワンダーウーマンをまだ見てない方はぜひU-NEXTで!

ワンダーウーマンを無料で見る(U-NEXT)

ワンダーウーマン1984の敵チーターは何者?

チーターの正体

原作コミックにおいてワンダーウーマンの宿敵スーパーヴィランであるチーター。

チーターは人間の姿ではバーバラ・ミネルヴァという女性です。イギリスの考古学者であった彼女はアフリカ部族について研究していたところ、植物の神”ウルズカルタガ”の呪いにかかり、動物のチーターの姿に変身できるようになってしまいます。

実際は特別な力を手に入れられると言われたバーバラが、欲望に負け半獣半人になった模様。

チーターの能力

半獣ということで超人的なパワーを持っています。その能力はほぼ無敵のワンダーウーマンの力に匹敵。

まず、肉体的に強化され強さや耐久力が大幅にアップ。また、チーターということでワンダーウーマンより素早く動くことができ、細かいアジリティも普通の人間よりも優れています。

 

その他、特徴的なのは鋭い牙と爪

この牙と爪には特別な力があり、耐久力の強い敵にも傷を負わせることが可能。

実写ワンダーウーマンにおいても、チーターが自身の牙や爪でどれくらいダイアナを追い詰められるかがカギになりそうです。

また、予告編を見るとワンダーウーマンの武器である真実の投げ縄に対抗しているので、おそらくこの投げ縄の効果はチーターには効かない模様。

映画に登場するチーターの目的は?

まだ映画が公開されていないので、チーターがどのような役割、目的を持って登場するのかわかりません。

チーターのバックストーリーや能力は原作と多少異なるということも考えられます。

 

予告編を見ると、ダイアナ(ワンダーウーマン)とバーバラ(チーター)が親しげに話す姿があったので普段の姿では仲がいいのかもしれません。スパイダーマンにおけるピーターとハーリーのような関係でしょうか。

予告編ではダイアナについて博物館で働く考古学者と紹介されていたので、学問において二人に接点があると考えられます。

二人が敵対する理由については本編で語られると思うので、その辺りに注目するといいでしょう。

チーターを演じるのは?

実写版でチーター/バーバラ・ミネルヴァを演じるのは、クリスティン・ウィグ

  • 名前:Kristen Wiig
  • 生年月日:1973年8月22日(47歳)
  • 出身:アメリカ合衆国、ニューヨーク
  • 身長:165cm
  • 代表作:ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン、オデッセイ、ゴーストバスターズ、怪盗グルー

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン

オデッセイ

ゴーストバスターズ

怪盗グルー

クリスティン・ウィグは怪盗グルーシリーズやヒックとドラゴンシリーズなど声の出演も多いようです。

ワンダーウーマン1984でクリスティン・ウィグ演じるバーバラ/チーターの吹き替えを担当するのは落合るみさん。洋画の吹き替えが多い声優さんです。

ワンダーウーマン1984でスティーブはなぜ生きてる?クリス・パインは死んだはずでは? ジャスティス・リーグ(DCEU)の順番や時系列は?今後公開予定の作品も調査!

 

ここをクリック

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントでワンダーウーマンが無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月1,990円(税抜)のところ31日間無料。

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA