Disney+でファルコン&ウィンター・ソルジャー配信中!

【ネタバレ】コンテイジョンの感染源はコウモリor豚?ラスト結末を考察!

コロナウイルスで再注目されてる映画「コンテイジョン」

今回は物語のオチについて見ていきたいと思います。

驚異的なスピードで世界中に蔓延したウイルスの感染源はなんだったのか、映画ラスト結末に注目してまとめていきます!

注意
この記事では映画「コンテイジョン」のネタバレを含みます

まだ見てない方はU-NEXTでご視聴ください。

【ネタバレ】コンテイジョンの感染源は?

劇中、マリオン・コティヤール演じるオランテス医師がウイルスの感染源について調査。

彼女の調べで、香港に訪れていたベス(グウィネス・パルトロウ)がカジノの場で複数の人と接触していたことが判明します。

  • 同じテーブルでメガネをかけた日本人男性の手に顔を近づける
  • ウクライナの女性に携帯を渡される
  • ウエイターがベスが使用していたグラスに触れる

ウエイターがウクライナの女性と接触していないことから、ベスが第一感染者と断定しました。

ウクライナの女性は、映画冒頭でロンドンのホテル内で死亡していたのが確認されます。その他ベスに接触した人たちがいろいろな公共機関を使い感染を拡大していた様子が映画のはじめに描かれていました。

しかし映画ラストになるまで、なぜベスはウイルスに感染したのわからず…

コンテイジョンのラストシーン

そして、事態が収束した映画のラストで真実が明らかになります。

ベスがウイルスに感染する何日も前、アルダーソン社のブルドーザーがヤシの木をなぎ倒し、代わりにバナナを栽培。ある日バナナをくわえた一匹のコウモリが豚小屋に入り込み、バナナのかけらを落とします。(コウモリの糞ではないと思われます)

そのかけらを食べた豚を処理する過程で、調理していたシェフが手を洗わずにベスと握手。ここでウイルスがベスに感染しました。

アルダーソン社は第一感染者のベスや黒縁メガネの日本人が勤務していた会社。

もしかしたら、森林破壊に対する監督からのメッセージだったのかもしれません。

 

感染源はコウモリと言っていいでしょう。

現実世界で起こっているサーズやエボラ出血熱に加え、現在蔓延していうる新型コロナウイルスの発生源もコウモリではないかと噂されていますね。

 

U-NEXTなら、31日間無料トライアルで映画「コンテイジョン」が無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月2,189円のところ31日間無料。

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

映画コンテイジョンのタイトルの意味や評価は?無料で見れる動画配信サービスも紹介!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA