映画ブラック・ウィドウの予告編を考察!ナターシャの髪型やスーツに注目!

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1079623

2020年5月1日に公開する映画「ブラック・ウィドウ」

予告編第一弾が公開されたので、映像を見ながら考察していきます。

主人公ナターシャ・ロマノフの髪型やスーツに注目して見ていこうと思います。

ブラック・ウィドウの予告編

2019年12月3日に公開された予告編。

映画ブラック・ウィドウの予告編を考察!

予告編を順番に追いながら考察していきたいと思います。

冒頭の回想シーン

予告編はナターシャの故郷ブタペストと思われる場所で顔を洗うシーンから始まります。そこで今までのMCUに登場した場面がいくつか流ました。

まず最初に「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でワンダ/スカーレット・ウィッチに洗脳されたときのシーン。ナターシャが訓練を受けたレッドルームのバレエのシーンや彼女が発泡するシーンはエイジ・オブ・ウルトロンと全く同じでしたね。

次にアベンジャーズ1作目。まだ髪が短かった頃のナターシャが懐かしいです。クリント・バートン/ホークアイと一緒に映っているところを見ると、アベンジャーズ結成前からシールドの一員として共に活動したこと、エンドゲームのあのシーンがナターシャにとって重要だったように思います。

そのあとにキャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーのときのニック・フューリーが映っていました。なぜニックがここに出てきたのか、理由はわかりませんが、これには何か意図があるように感じますね。

国際指名手配犯になったナターシャ

場面は列車を降りたナターシャが何者からか逃げるように辺りを警戒するシーンに変わります。

三編みはエンドゲームのものと同じですね。エンドゲームでは毛先がブロンドでしたが、今作は時系列がシビルウォー後ということでメインカラーの赤毛となっています。

ナターシャはシビルウォーで最終的にキャプテン・アメリカ側に付いたことでソコヴィア協定を違反。そのため国際指名手配犯となりサンダーボルト・ロス率いる軍に追われることとなりました。列車のシーンの前後からそのような状況がわかりますね。

妹エレーナとの再会

そして、ブタペストについた彼女は妹エレーナ・ヴェロワと再会。

彼女がナターシャと同じ動きを見せたことから、後で紹介するタスクマスターから訓練を受けたように思います。

 

追われる立場にあったナターシャは、誰も頼る人がいない中でエレーナと会ったのではないでしょうか。いきなり凶器を振り回すほどのバトルから始まったので、2人の別れ方はあまり良くなかったように思います。エレーナの方にナターシャに対する殺意を感じたので、ナターシャがエレーナの大事なものを奪ったのではないかとも予想できますね。

常に話し合いではなくタイマンで勝負をしてきた2人は、お互いの強さをはかるため会って早々バトルになったのかもしれません。

ナターシャはエレーナのことを妹と言っていますが、血の繋がりはあるのか、ふたりはどういう関係にあるのか非常に気になるところ。

ナターシャがやり残したこと

そのあと場面がいくつか飛びながら、ナターシャは次のようなことを言っています。

やり残したことがある すべてが始まった場所に

エンドゲームまで見てきたファンにとっては、彼女がやり残したことはないと感じている人が多いのではないでしょうか。初期アベンジャーズとしてチームをまとめ、エンドゲームではインフィニティ・ストーンを取り戻すため大きく貢献してくれました。

ですから、彼女自身がやり残したことはアベンジャーズ結成前、ファンが知らないシールドにいるときかそれよりも前にあるように思います。

すべてが始まった場所というのは、ナターシャがブラック・ウィドウとしてスパイ活動をし始めたきっかけになる場所だと予想されます。そして、映像に映っていた雪山こそ今作のクライマックスの舞台となるのではないかと

タスクマスター

今作のヴィランであるタスクマスター。原作とはデザインが異なりMCUの世界観に寄せてきた感じですね。

タスクマスターは特にスーパーパワーを持ちませんが、人の動きを完璧にコピーする能力を持ちます。

予告で映っていたのは、車で逃げようとするナターシャを追ってるシーンかなと。弓矢を使いこなしていたのは、過去にホークアイと対戦したいたからと考えることができますね。

 

彼が何者なのか、どういう目的でナターシャを狙っているのか気になるところです。

ロスに雇われたバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)なのか、アベンジャーズあるいはナターシャに恨みがある人物なのか、はたまた、フェイズ4のラスボスに関係があるヴィランなのか。

ナターシャの仲間

そして、ここからナターシャの仲間が2人現れます。

まずはデヴィッド・ハーバー演じるレッド・ガーディアン。コミックではロシア版キャプテン・アメリカとして知られるキャラクター。スーツを着るのは久しぶりの模様。ヴィランのタスクマスターと戦うシーンがありました。

そしてレイチェル・ワイズ演じるメリナ・ヴォストコフ。ブラック・ウィドウと同じような黒いスーツを着ていたことから、ナターシャのような身体能力の持ち主だと予想されます。

彼女を含む3人のバトルが注目です。

最後にレッドガーディアンが「家族の再会だな」と言っていることから、ナターシャがやり残したことと4人は昔から関わりがあるように思います。

ナターシャとエレーナのスーツ

ナターシャは今作で黒いスーツと白いスーツを着ています。

黒いスーツは、予告のサムネイルとラストに写っていました。今作は被弾しても大丈夫なようにアーマーの要素が多い印象。

白いスーツは新鮮ですね。今までと雰囲気が全く異なり別人のブラック・ウィドウに見えます。

個人的には黒いほうが好きですね。

ナターシャがスーツを2つ用意している理由もきになるところ。

 

そして、フローレンス・ピュー演じるエレーナが着ているベストは、アベンジャーズ/インフィニティウォーでナターシャが着ていたものと同じものではないかと言われています。

映画ブラック・ウィドウのタスクマスターの正体や能力は?メリーナは何者? 【ブラック・ウィドウ】タスクマスターがコピーできるキャラと彼の目的は?最終予告編を考察!

最後に

以上、映画ブラック・ウィドウの予告編について考察しました。

予告編を見た感じMCUの一つの映画というよりは、007やミッション・インポッシブルのようなアクション映画の単独作。あまりアベンジャーズのときのブラック・ウィドウという立ち位置ではなく、一人の女スパイを主人公とした映画と言った印象。

なので、MCU感がないブラック・ウィドウが今後フェイズ4以降のMCU作品にどう影響するのか楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA