Disney+でファルコン&ウィンター・ソルジャー配信中!

ターミネーター:ニューフェイトの前に見るべき作品は?T2までの時系列も解説!

11月8日(金)に公開するターミネーター:ニューフェイト。

シリーズ5作品が公開されているターミネーターですが、新作前に最低限どの作品を見るべきか気になる方も多いでしょう。

ということで今回は、ニューフェイトの前にどの作品を見ておくべきなのか、合わせてT2(ターミネーター2)までの時系列を解説していきたいと思います!

ターミネーター:ニューフェイトの前に見るべき作品は?

T2までは見ておこう!

ニューフェイトの予告編でもPRされているとおり、「ターミネーター2の正当な続編」。つまり、時系列で見たときにT2の続きということになります。

ですから最低限見ておくべきは下の2作品。

  • ターミネーター1(1985年公開)
  • ターミネーター2(1991年公開)

簡単に時系列を述べると、1作目は1984年のロサンゼルスが2作目は1995年のロサンゼルスが舞台となっています。

そして、今作ニューフェイトは2作目から25年後。

1作目、2作目に登場したターミネーターT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)とサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)がニューフェイトに登場するということで、この2作で2人のキャラクター像や関係性を把握しておくのがいいでしょう。

2作目でサラの息子ジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロングも出演するとの噂があるのでターミネーター2は絶対に見ておくべき。

T3、T4、ジェニシスは見なくてOK?

ターミネーター2以降、ターミネーター3(T3)、ターミネーター4(T4)、ターミネーター新起動/ジェニシスの3作品が公開されましたが、これらの作品は見なくてよいのか気になる方がいるはず。

結論から言うと、この3作品はニューフェイトのタイムラインには関わっていないので、余裕があれば見ればよいといった感じです。

T3、T4はターミネーター2の続編ではあるものの、サラ・コナーがいないタイムラインの出来事となっています。

ターミネーター3でサラ・コナーは白血病で亡くなっているという設定にしてしまったためT2以降に彼女が存在しないことになっていました。

しかし今作ニューフェイトではT2以降にサラ・コナーは生きているという設定で物語が描かれています。

そして、2015年に公開された「ターミネーター新起動/ジェニシス」。この作品は簡単に言うと、T1~T4とは全く別のタイムラインです。

サラ・コナーやジョン・コナーはでているものの俳優やキャラクター設定が一新され仕切り直されました。ここから3部作が計画されていたようですが、興行収入の不振と低評価で続編はなくなってしまった模様。

ニューフェイトの前作ということで見るべきかと思いきや見なくて大丈夫な作品ですね。

ターミネーターシリーズの時系列を図にまとめるとこんな感じ。

ただ、ターミネーター4を除いて全作品シュワちゃんが出ているので彼が好きな方はぜひ4作品は見ておくべき。

ターミネーター4に限って言えば、ダークナイトシリーズのバットマン役クリスチャン・ベールがジョン・コナーを演じているので彼が好きな方も観ることをおすすめします。

ターミネーター2までのストーリーあらすじを時系列順で解説

ニューフェイトを見るに当たり、ターミネーター2までのストーリー/あらすじを振り返っていきたいと思います。

時系列がややこしいので図を使いながらまとめていきます。

注意
ここからはターミネーター1、ターミネーター2のネタバレを含みます

ターミネーター1

1997年の審判の日に核戦争が起こり、人類は滅亡の危機を迎えます。その後、スカイネット率いる機械軍と生き残った人々抵抗軍により戦争が勃発。

ジョン・コナー率いる抵抗軍の勝利を目前に、彼の存在を脅威に感じたスカイネットは歴史から彼を抹消することを企みます。

その方法がターミネーターT-800を1984年に送り込みジョンが生まれる前の母親サラ・コナーを殺すというもの。

抵抗軍はサラ・コナーを守るため、ジョンの部下として戦っていたカイル・リースを過去に送り込みます。

3人の攻防の末、サラを守ったカイルは犠牲になり、彼女はT-800を破壊。サラ・コナー殺害計画は阻止されます。

数が月後、サラはお腹の中にジョンを授かり、審判の日に向けて旅立つ。

ストーリーはシンプルでT-800からサラ・コナーとカイル・リースが逃げるというものですが、時系列がややこしくしていますね。

個人的に疑問に思ったのが、カイル・リースは1984年に死んだ時点でそれ以降のタイムラインには存在しないのではないかということ。もし彼が死んだことで新しく時間軸ができ、オリジナルのタイムラインに影響しないのであれば、サラ・コナーを殺したところで、ジョンが生まれてくるという未来は変わらないのではないかということですね。

こういうタイムトラベル系はあまり考えすぎないのがいいのかもしれませんが…

ターミネーター2

物語の設定は前作と似ていて、スカイネットがジョン・コナーを歴史上から抹消するため、ターミネーターを送り込み、抵抗軍も同様に彼の護衛を送り込むというもの。今回注目なのが前作敵だったT-800が改良されてジョンを守る任務で送られたこと。

そして今作では核戦争が起こる審判の日を阻止するというのも大きなテーマになっていますね。

サイバーダイン社が1作目のT-800の残骸をもとに研究をしており、サラ、ジョン、T-800改は研究所に侵入。マイルズの犠牲により研究所を破壊。

最後はT-1000を溶鉱炉に沈め、前作と同じマイクロチップを内蔵していたT-800もデータを残せないために自ら溶鉱炉の中に沈みます。

ターミネーター:ニューフェイトが爆死!?海外の評価をチェック!ターミネーター:ニューフェイトが爆死!?海外の評価をチェック!

ターミネーター2で最期を遂げたT-800ですが、どのようにニューフェイトに出てくるのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA