ドクタードリトル(ロバートダウニーJr版)の公開日やキャストは?予告や動物の声優もチェック!

Pocket

アイアンマン役で知られるロバートダウニーJrが出演を務めるドクタードリトル。(洋題:ドリドル)

今回は、ロバート版ドクタードリトルの公開日や出演キャストを中心に見ていこうと思います。

合わせて、予告や動物の声優もチェックしていきましょう!

ドクタードリトルって?

ドクタードリトルは児童文学「ドリトル先生」を原作とする作品で、実写映画1作目は1998年に公開されました。

主人公のドクター・ドリトルを演じたのはエディーマーフィー。

動物と会話ができる能力を持つドリドルの物語で5作品が映像化されています。

ドクタードリトル(ロバート版)の公開日は?

そして2020年、ロバートダウニーJr主演でドクタードリトルが再び実写化されることになりました。

気になる公開日は2020年3月20日(金)。アメリカの公開日が2020年1月17日ですので、約2ヶ月遅れといったところですね。このぐらいだったら許容範囲でしょう。

ドクタードリトルの予告第一弾

ロバートダウニーJrはここ5年近くアイアンマン/トニースターク役しか演じていなかったので、この役が頭かる抜けるか心配でしたが大丈夫そうですね。トニースタークというよりはシャーロック・ホームズのときのロバートダウニーJrに近い印象だと思います。

映画の雰囲気としては、パイレーツ・オブ・カリビアンを思い出しますね。

 

エディーマーフィーのときのドクタードリトルはコメディ要素が強かったですが、今回はファンタジーで冒険要素が強い印象です。おそらく、原作の「ドリトル先生航海記」が元になっている作品かと。

RDJファンとして公開が楽しみです!

ドクタードリトルの出演キャストや声優は?

出演キャストや声優も見ておきましょう。

 

主人公はロバートダウニーJr。現在54歳。2019年に世界興行収入1位を記録したアベンジャーズ/エンドゲームでアイアンマン役を引退。今後はアイアンマン/トニースターク役以外でどんな役柄になるか注目でしょう。シャーロック・ホームズ3も控えている彼の今後の動向にも注目です。

動物の声優役として注目なのがゴリラ役のラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ)と犬役のトム・ホランド(スパイダーマン)。

またロバートダウニーJrとトム・ホランドの掛け合いが見れると思うと嬉しい限りですね。

他にも、女優で歌手のセリーナ・ゴメスやジョン・シナ(バンブルビー)が担当。メン・イン・ブラック:インターナショナルからはエマ・トンプソンやクメイル・ナンジアニが。

船シーンなどに写っていた少年は、ハリー・コレット(Harry Collett)。ドリトル先生のサイドキック的な役割ではないでしょうか。

イギリス出身で2004年1月17日生まれの現在15歳。

まだ大きな映画にはあまり出ていないようで、今作の出演を機に注目される子役になると思います。

一瞬だけ写っていた少女はCarmel Laniado。過去作の出演記録がないので、もしかした2019年デビューの子役かもしれません。

最後に

以上、ロバートダウニーJr主演のドクタードリトルについてまとめました。

公開日は2020年3月20日。キャストは今を代表する俳優陣が務めるようです。

ずっとアイアンマンとして見てきたロバートダウニーJrが引退後どんな演技を見せてくれるか楽しみですね!

ここをクリック

U-NEXTなら、ロバートダウニーJrが出演するアイアンマンやシャーロック・ホームズが無料で視聴可能です。また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

今なら31日間無料期間があるので、是非一度登録してみて下さい!

(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA