エターナルズがディズニープラスで配信開始!

ドラマ「ボバ・フェット」第1話の考察&小ネタ!時系列を整理!

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1131528

12月の29日より、ドラマ「ボバ・フェット」の第1話が配信開始されました。

ということでこの記事では、第1話で明らかになったことを整理しながら考察。過去作の小ネタもまとめていきます。

注意
この記事ではボバ・フェット第一話のネタバレを含みます

ボバ・フェットはディズニープラスで独占配信

Disney+ (ディズニープラス)

ドラマ「ボバ・フェット」第1話の考察!

時系列はジェダイの帰還の直後!?

冒頭シーンは、エピソード6 ジェダイの帰還の直後。ルークとハン・ソロの処刑シーンでサルラックに飲み込まれたボバがそこから脱出するシーンが描かれました。

マンダロリアンシーズン2でアーマーがジャワ族の手に渡っていましたが、やはりこの脱出の場面でアーマーが彼らに奪われてしまいましたね。

 

その後ボバは、タスケン・レイダーに連れられてしまい、一度は脱出を図るもタスケンの長に敗れ、彼らと行動を共にすることとなります。

そして目が冷めたボバは水中で酸素ボンベをつけており、そばにはフェネック・シャンドが立っていました。

 

このことから、ジェダイの帰還の直後のシーンは回想シーンで、ボバの記憶の断片であることがわかります。彼の記憶には、生まれ育った惑星カミーノやジオノーシスの戦いで父ジャンゴ・フェットを失ったことが強く残っていることが判明。いずれもエピソード2 クローンの攻撃より。

 

展開的に、目覚めた場面はジェダイの帰還よりそんなに時間が経過しておらず、フェネックがボバを救出して治療しているように見えました。ただ、その可能性は低いでしょう。

というのもアーマーは、マンダロリアン シーズン2でボバの手に渡っており、マンダロリアンはジェダイの帰還の5年後が舞台だからです。

おそらく5年間の間ボバは、アーマーなしでタスケン・レイダーたちと行動し、その過程でフェネック・シャンドを救出→マンドー(ディン・ジャリン)に出会うという展開が予想されます。

ボバはタンクで何をしていたのか

では、ボバは水中で一体何していたのでしょうか。

マンダロリアンや今回のエピソードを見た感じ、外傷がある様子はなかったので、目に見えないところにダメージを負っていると思われます。

素性が不明な集団に襲われた後、力が尽きたボバがガモーリアンに「バクタ・ポッド(bacta pod)に戻してくれ」と言っていました。このタンクが彼の生命維持装置ではないかと。

 

エピソード5 帝国の逆襲にて、ルークが治療中に入れられていたのもこのバクタ・ポッド(バクタ・タンク)。

https://starwars.fandom.com/wiki/Bacta_tank

果たして、サルラックから脱出したボバの身に何があったのでしょうか。非常に気になる部分ですね。

ボバ・フェット第1話の小ネタ

レイアの首絞め

https://starwars.fandom.com/wiki/Jabba_Desilijic_Tiure

ラストの回想シーンでボバはローディアンと共に果実採取をしており、そこに2足歩行で4本の腕を持つモンスターが出現しました。

ボバはローディアンと繋がれた鎖を活用し、見事モンスターを討伐。このときボバが鎖でモンスターの首を締めますが、これがエピソード6 ジェダイの帰還のサルラックのシーンで、レイア姫がジャバ・ザ・ハットにやった首絞めのオマージュだったと言えます。

タスケン・レイダーとガモーリアンはディズニーのお気に入り?

https://starwars.fandom.com/wiki/Gamorrean

今回のエピソードに登場したタスケン・レイダーとガモーリアン。

タスケン・レイダーは、マンダロリアンシーズン1でマンドーと会話する様子が印象的でしたが、ドラマ・ボバ・フェットでも大活躍しそうですね。

 

ボバに忠誠を誓ったガモーリアン。彼らもマンダロリアンシーズン2第一話のプロレスシーンで登場。今回の劣勢のボバに加勢するシーンや弱ったボバをタンクに戻してあげるところはかっこよかったと思います。

この2体のキャラは、ディズニーか、プロデューサーのデイブ・フィローニ、あるいはジョン・ファヴローのお気に入りではと予想しています。

最後に

まだ第一話ということで先行きが不透明ですが、ボバ、フェネックに加え、ガモーリアンとタスケン・レイダーがいい味を出していたと思います。

次回以降も、回想シーンを織り交ぜながら空白の5年間の間にボバに何があったのか、なぜタンクに入っているのかを明らかないしつつ、本編を進める展開となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA