JAMES BOND WILL RETURNの意味は?次のジェームズ・ボンドは誰?

https://wall.alphacoders.com/big.php?i=1092640

10月1日に公開した「007 ノータイムトゥダイ」。

この記事ではネタバレありで、ノータイムトゥダイの最後のシーンについて振り返っていきます。

エンドロール後に出てきた「JAMES BOND WILL RETURN」とはどういう意味だったのか考察します。

注意
この記事では007ノータイムトゥダイのネタバレを含みます

エンドロール後の「JAMES BOND WILL RETURN」の意味は?

007シリーズは続く

映画のラスト、残念ながらオマケ映像はなく、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドが姿を現す、あるいは、まだ生きていることをに酔わすような映像はありませんでした。

シリーズお馴染みの銃口にボンドが現れ、こちらに向かって撃ってくるシーンもなく、本当にボンドは死んでしまったことが伺えます。

 

では、最後の「JAMES BOND WILL RETURN」という文字が出てきたのは何だったのでしょうか。

この文を直訳すると、「ジェームズ・ボンドは帰ってくる(戻ってくる)」という意味になります。しかし、これはダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドが帰ってくるのではなく、他の俳優で007シリーズは続くよ、という意味が込められているのでしょう。

007がこれからも続くのもダニエル・クレイグが15年もボンドを演じ、ファンに愛されたからだと思います。

2021年で53歳になったダニエル・クレイグ。年齢的に、肉体的に最後の方はきつかったと思いますが、よく演じきってくれたと言いたいですね。ありがとうダニエル・クレイグ。

次のジェームズ・ボンドは誰?

ダニエル・クレイグが007を引退。これで次のジェームズ・ボンドは誰が演じるのか気になるところですね。

ただ、残念ながらノータイムトゥーダイが公開された時点で次期ジェームズ・ボンドは決まっていません。

7代目ジェームズ・ボンド候補

既に7代目ジェームズ・ボンドの候補は挙がっています。

  • トム・ハーディ
  • ヘンリー・カヴィル
  • ルーク・エヴァンス
  • イドリス・エルバ
  • トム・ヒドルストン
  • サム・ヒューアン
  • ジェームズ・ノートン
  • リチャード・マッデン

ダニエル・クレイグが抜擢されたときもそうでしたが、誰になっても賛否両論が巻き起こりそうです。

起用するのにあたり、必ずしも白人の英国人俳優を起用するべきかどうか、既にイメージが固まっている俳優を起用するかどうかがポイントになるでしょう。

女性や有色人種のジェームズ・ボンドはありか

昨今の多様性の動きから、有色人種や女性をキャスティングしてもいいのではという動きがあり、7代目にして初の女性や有色人種の俳優がボンド役に起用される可能性があります。

ただ、6代目ジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグは、女性や有色人種の俳優がボンドには否定的の模様。

女性や有色人種の俳優にはもっと向いた役があります。ジェームズ・ボンドを女性が演じる必要はありません。ジェームズ・ボンドと同じように重要で、かつ女性に向いた役があるべきなのです

次のジェームズ・ボンドは女性が演じるべき? ダニエル・クレイグの回答が話題に(FINDERS) – Yahoo!ニュース

個人的にも、女性やアフリカ系あるいはアジア系の俳優がボンドを演じたとしても、それはジェームズ・ボンドが疑問が残りますね。

007/ジェームズ・ボンドは50年もの歴史があり、これまで培ったジェームズ・ボンド像がありますから、そのイメージを壊すのは非常に難しいでしょう。壊す必要があるのかと言われるとないと思っています。

 

ノータイムトゥーダイでは、新しい007役にアフリカ系女優のラチャーナ・リンチが起用されましたが、彼女を新しい007エージェントとして見ることは難しかったです。

やはり固定観念というか脳裏に焼き付いたイメージをなくすのは厳しいでしょう。

 

マチルダがダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドを引き継ぐのは?

女性版ジェームズ・ボンドの関連で、マチルダがボンドを受け継ぐ展開はどうでしょうか。

ノータイムトゥダイで、ボンドの恋人マドレーヌ・スワンには子供マチルダがいたことが判明。ラストでマチルダがボンドとの間に生まれた子供であることが明らかになります。

 

ボンドと過ごした時間は非常に短いですが、彼女の中にいろんあ記憶があるでしょう。父親を失ったことに対する復讐心など、彼女にフォーカスしたら面白いと思います。無理してに他の女性をボンド役にするくらいなら彼女がいいと思います。

ただ、ボンドを死に追い込んだサフィンは死んでいますし、スペクターもトップのブルフェルドがいませんから、ここから悪の組織を発展させるのは難しそうです。なので、彼女の復讐心の矛先がどこにいくのか、それがMI6にいくのも違う気がしますし、難しいところですね。

 

ジェームズ・ボンドでなくても、次の007シリーズで6代目ボンドの娘として登場するのはアリだと思います。

イメージが固まっている俳優はあり?

トム・ヒドルストンやヘンリー・カヴィルなど既に他の役で知られている俳優も候補に挙がっています。

彼らを起用するのはどうでしょうか。

トム・ヒドルストンはマーベルのロキ役でヘンリー・カヴィルはスーパーマンのイメージが強いですね。

この二人に関しては、役のイメージが強いので、個人的にはないかなと思っています。まぁ、これは見る人によって意見が分かれるような気がします。

ミッション・インポッシブルに出たヘンリー・カヴィルを見たときに、クラーク・ケント/スーパーマンのイメージを捨てることができなかったので、個人的にはボンド役はないかなと。

 

トム・ハーディはいろんな役を演じ、最近ではヴェノムに出演。彼はまだスーツのイメージがないのでボンド役はありかなと思っています。

マーベルの最新作「エターナルズ」に登場するリチャード・マッデンは、上の3人ほど認知度はないものの、既にドラマ「ボディーガード」でスーツのイメージが付いている印象です。

顔の印象的にはジェームズ・ボンドにぴったりだと思いますが…

 

逆にアウトランダーのサム・ヒューアンや日本ではほとんど知られていないジェームズ・ノートンは、既に知られている俳優よりもジェームズ・ボンド役を植え付けるのはやりやすいと思います。

誰になろうと、今までのジェームズ・ボンド像を壊さないか、ファンの期待を裏切らないか、プレッシャーがかかるところですが、頑張って欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA