ディズニープラスで見れる20世紀フォックスの作品は?今後見れるかもしれない作品を調査!

https://wallpapercave.com/20th-century-fox-wallpapers

ディズニー、スター・ウォーズ、マーベルの作品が配信されている「ディズニープラス」。

2019年にディズニーが20世紀フォックスを買収したことを受け、一部の20世紀フォックス配給作品がディズニープラスで視聴可能です。

では、実際にどの作品が見れるのか、また、今後見れるかもしれない作品はどれなのか、まとめていきます!

初回31日間無料 ディズニー作品見放題

※その後はわずか月額¥770

ディズニープラスで見れる作品は?

広告でよく出てくるディズニープラスのロゴを見ると、以下のスタジオがDisney+の下に記載されていますね。

https://dtimes.jp/post-379880/attachment-0-8783/

  • Disney(ディズニー)
  • PIXAR(ピクサー)
  • MARVEL(マーベル)
  • STAR WARS(スター・ウォーズ)
  • NATIONAL GEOGRAPHIC
    (ナショナル・ジオグラフィック)

 

ディズニーには、アナ雪やズートピアといったアニメーション作品の他、美女と野獣などの実写ディズニープリンセス作品がありますね。

また、あまり知られていませんが、ディズニー配給の映画であるパイレーツ・オブ・カリビアンやナルニア国物語もディズニープラスにラインナップされています。

その他、トイ・ストーリーシリーズやMr.インクレディブルといったピクサー作品。

マーベルは、アイアンマンやアベンジャーズシリーズといったアメコミヒーローの実写作品が含まれていますね。

もちろん、スター・ウォーズもディズニーの傘下のため、ディズニープラスで視聴可能。

それから、自然をテーマにしたドキュメンタリー映像が見れるナショナル・ジオグラフィックも含まれています。

 

ディズニープラス=ディズニーのアニメ、映画と思っていた方には驚くラインナップではないでしょうか。

ディズニープラスで見れる20世紀フォックス作品は?

冒頭にも述べたとおり、2019年にウォルト・ディズニー・カンパニーが20世紀フォックスを買収し、20世紀フォックスは20世紀スタジオと社名を変更。ディズニーの子会社となりました。

これにより、上記のスタジオの作品以外に20世紀フォックス配給の作品がディズニープラスで視聴できるようになっています。

2021年5月現在配信されている主な20世紀フォックスの作品は以下の通り。

  • ドクター・ドリトル・シリーズ
  • ホーム・アローン・シリーズ
  • アバター
  • X-MEN・シリーズ
  • シザーハンズ
  • アイス・エイジ
  • グレイテスト・ショーマン
  • エラゴン:遺志を継ぐもの

ドクター・ドリトル

エディー・マーフィー主演で動物と話せる医者の物語を描いたコメディ映画。

シリーズ5作品が制作されてましたが、いずれもディズニープラスで視聴可能。

ホーム・アローン

クリスマス映画の定番作品。主人公の男の子が家で一人留守番になったところに泥棒がやってくる展開で主人公がどう切り抜くのが一番の見どころ。

3作目までが視聴可能です。個人的には主人公が代わったホーム・アローン3が一番好きです。

アバター

タイタニックやターミネーター2を手掛けたジェームズ・キャメロンの監督作品。

パンドラを舞台に人類とナヴィの領土をめぐる戦いと映像美に注目です。

コロナ渦の中国でのリバイバル上映により、アベンジャーズ/エンドゲームを抜き再び興行収入一位に返り咲きました。

X-MENシリーズ

マーベル・コミックの実写映画シリーズ。

既にディズニープラスで配信されているアベンジャーズと同じ原作コミックです。

ところが、X-MEN、ファンタスティック4、それからデットプールは、20世紀フォックスが映画の版権を所持していたため、これまで映画においてアベンジャーズに登場するヒーローと交わることはありませんでした。

ミュータントと呼ばれる特殊能力を持ったヒーローが登場します。

既に以下の6作品がディズニープラスで視聴可能。

  • X-MEN
  • X-MEN:フューチャー&パスト
  • X-MEN:アポカリプス
  • ウルヴァリン:SAAMURAI
  • ファンタスティック4:銀河の危機
  • ファンタスティック4

シザーハンズ

ジョニー・デップ主演のティム・バートン監督作品。この作品のヒットをきっかけに、「チャーリーとチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」で二人はタッグを組むことになります。

アイス・エイジ

ピクサーやディズニーと勘違いしている人がいるかも知れませんが、アイス・エイジシリーズは、20世紀フォックスの子会社「ブルースカイ・スタジオ」が製作しています。

シリーズ5作品までありますが、ディズニープラスで見れるは1作目だけ。

グレイテスト・ショーマン

ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画。

エラゴン:遺志を継ぐもの

ファンタジー小説「ドラゴンライダー」を原作とした映画。レイチェル・ワイズやバイオハザードのシエンナ・ギロリーが出演。

今後見れるかもしれない20世紀フォックスの作品は?

まず、上で紹介した作品でシリーズ全作品が配信されていない「X-MEN」と「アイス・エイジ」については、今後未配信の作品が追加される可能性が非常に高いです。

それ以外となると、配給だけでなく製作会社も「20世紀フォックス」の作品に注目。

  • タイタニック
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • 猿の惑星
  • オデッセイ
  • エイリアン
  • デイ・アフター・トゥモロー
  • コマンドー

タイタニック、ボヘミアン・ラプソディ、デイ・アフター・トゥモローは製作及び配給が20世紀フォックス。また、金曜ロードショーで度々放送されていたアーノルド・シュワルツェネッガー主演「コマンドー」も20世紀フォックス。

猿の惑星はこれまでに7作品以上作らていますが、作品によって製作会社が20世紀フォックスだったり、そうでなかったりするのでので微妙なところ。

オデッセイとエイリアンシリーズは、リドリー・スコットが手掛けている作品。いずれも20世紀フォックス配給なので可能性はあるでしょう。ただエイリアンシリーズはグロいシーンもあるので、それをどう扱うかは問題ですが…

インディ・ジョーンズはディズニープラスで見れない?

ハリソン・フォード主演の大人気アドベンチャー映画「インディ・ジョーンズ」。どことなくディズニーの雰囲気がありますが、残念ながらインディ・ジョーンズ・シリーズはディズニー作品ではありません。

インディ・ジョーンズの配給は「パラマウント・ピクチャーズ」。山脈のロゴが特徴的な映画会社ですね。

ですから、今後インディ・ジョーンズシリーズがディズニープラスで見れることはないでしょう。

マーベルとスパイダーマンやX-MENの映画権について!MCUと配給会社について図で解説! ディズニープラスで見れないマーベル作品は?アイアンマン1やスパイダーマンはなぜない?

 

追記 2021年10月にディズニープラスがリニューアル!

2021年10月27日に、ディズニープラスはリニューアル。

4K/ドルビーアトモスやゲーム接続に対応するのに加え、20世紀フォックスの映画が多く追加されるます。

具体的にどの作品がラインナップされるかについては、下の記事をご覧ください

ディズニープラスのスターとは?作品ラインナップやおすすめは?ターミネーターやエイリアンも見れる!?

 

初回31日間無料 クルエラ見放題

※その後はわずか月額¥770

Disney+ (ディズニープラス)なら、31日間無料トライアル登録特典で美女と野獣やアラジンなどの実写映画、さらに、アナと雪の女王、トイ・ストーリーシリーズなどのアニメーション作品が見放題。

【初回31日間無料】(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

Disney+ (ディズニープラス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA