X-MEN:ダークフェニックスの音楽はハンスジマー!挿入歌で使われている曲もチェック!

Pocket

X-MEN:ダークフェニックスを観て、「音楽が最高だった!」という感想が多いようですね。今作で挿入歌を担当したのはハンスジマー。

クリストファー・ノーラン監督作品の「ダークナイト」シリーズや「インターステラー」でお馴染みですね。

ということで今回は、X-MEN:ダークフェニックスの劇中で流れた音楽/サントラについて掘り下げていきます。

X-MEN:ダークフェニックスで使われた音楽は?

X-MEN:ダークフェニックスで使用されたサントラはハンスジマーの「Dark Phoenix Original Motion Picture Soundtrack」に収録されています。

この中から気になった曲をいくつか紹介。

Gap

この曲は序盤のシーンで頻繁に使われていた記憶があります。X-MENのメンバーらがジェットで宇宙に向かうときにこの音楽が流れ、気持ちが高まりましたね。

Dark

「Dark」にあるようにジーンがダークフェニックスへと覚醒したときに流れていた曲。すごい神秘的ですよね。女性の高い声が耳に残る曲だと思います。

最近のハンスジマーの音楽はテーマ曲として記憶に残るものは少ないですが、映画一つ一つの場面を引き立てるのが曲が多く、本当にうまいと思います。

「Dark Phoenix Original Motion Picture Soundtrack」には10曲収録されているので、他の曲もチェックしてみてください!

ハンスジマーって誰?

ダークフェニックスで作曲を担当したハンスジマーについて見ていきます。

  • 名前:ハンス・ジマー(Hans Zimmer)
  • 生年月日:1957年9月12日(61歳)
  • 出身:ドイツ、フランクフルト
  • 職業:映画音楽作曲家

アカデミー賞に計11回、ゴールデングローブ賞に計14回ノミネートされます。

クリストファーノーラン監督作品は6作(ダークナイト3部作、インセプション、インターステラー、ダンケルク)の作曲を担当。

ノーランの独特の世界観は、ハンス・ジマーの音楽が大きく影響していると思いますね。

個人的にハンス・ジマーの音楽で一番好きな曲は、バットマン・ビギンズ「Molossus」。

ダークナイト3部作の一作目「バットマン・ビギンズ」のテーマ曲として使われ、ダークナイトやダークナイト・ライジングでもアレンジして使われています。

この曲を聞くとバットマンがゴッサムに現れる姿を想像でき、一番印象に残っている曲です。

映画音楽は、映像や会話にかき消され、あまり映画を観たときの記憶に残りづらいと思います。しかし、ハンスジマーの音楽は、印象に残った場面と一緒に頭の片隅に残りやすいですね。

それくらい、観客の心を掴むのがうまいと思います。

X-MENアポカリプスのクイックシルバーの挿入歌は?主題歌やオープニング曲もチェック!

最後に

以上、X-MEN:ダークフェニックスの挿入歌として使われている音楽について、さらには、作曲を担当したハンスジマーについてまとめました。

事前にハンスジマーがダークフェニックスを担当すると知っていただけに、期待していましたが、その期待を裏切らないものだったと思います。

彼は映画の世界観に適した音楽を作るのが本当にうまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA