TENET テネットの謎を解説!主人公の名前や黒幕について調査!

Pocket

日本でも初登場1位を記録し、大ヒットしている「TENET テネット」。

今回はこの映画のいくつかの謎、観た方が疑問に思っているであろうことをピックアップしてまとめてみました。

主人公にフォーカスして、名前や黒幕といったところに注目してみていきましょう!

注意
この記事では映画「TENET テネット」のネタバレを含みます

TENET テネットの謎を解説!

主人公の名前は?

今作はジョンデビッドワシントン演じる主人公を中心に物語が進んでいました。しかし、彼には名前がなく名もなき男として紹介されています。

実際に劇中では彼が名前で呼ばれることはなく、主人公=Protagonistとだけ説明されます。主人公がムンバイでプリヤと接触したときも「I’m the protagonist of this operation」と言うだけ。自身の名前やバックグラウンドを話す場面はありませんでした。

黒幕はプリヤor主人公?

映画終盤まで、武器商人のプリヤが主人公を動かし黒幕としてテネットを操っていたように見えました。

しかし、最後のシーンで色々知りすぎたキャットを暗殺しようとしていたプリヤを主人公が射殺。自身が黒幕だと明かします。

 

未来の主人公こそ本当の黒幕であり、第三次世界大戦を止めるためニールを過去に送りテネットを裏で操っていたということになります。おそらくプリヤも未来の主人公にとっては一人の駒。彼女の正体や行動目的には疑問が残る部分はありますが、それらを含め未来の主人公が動かしていたことは間違いないでしょう。

エスプレッソの意味は?

主人公がオスロ空港の保管庫にエスプレッソを片手に持って移動するシーンがありました。

普通に考えて、保管庫にエスプレッソを持ち運ぶことがおかしいので何か意図があったように思いますね。

劇中ではエスプレッソが役目を果たすことはなかったので、どのような目的があったのかは定かではありませんがいくつか考えられます。

  1. 深呼吸するのを誤魔化すため
  2. こぼして案内人の注意をひくため
  3. 振動で飛行機の近づいてくることをかくにんするため
  4. 主人公がもったいないと思ったから

個人的に4番が妥当かなと思っています。主人公がマイケル・クロズビー卿からゴヤの贋作を受け取るシーンで残りをテイクアウトにしてほしいと頼んでいたように、彼にはもったいない精神があるのかと推測しました。

飲みきれなかったエスプレッソを置いていくわけにもいかず、そのまま持って保管庫に入ったのではないでしょうか。

時系列やタイムラインについて

複雑な時系列やタイムラインについては下の記事を御覧ください

テネットのセイターのタイムラインを解説!カーチェイスでアルゴリズムはどこへ? テネットのタイムライン/時間軸マップを図で徹底解説!時系列やあらすじを整理! テネットの時間逆行の仕組みやルールを図で解説!時系列やタイムパラドックスはどうなる?

ニールの結末について

主人公と共にミッションに協力したニールの結末、最後についても下の記事を御覧ください

テネットのニールの正体はキャットの〇〇?時系列やストラップのついたリュックに注目!

 

ここをクリック

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントで「ダンケルク」が無料で視聴可能です。

その他インターステラーやダークナイト3部作、メメントなどノーラン作品から7作品が見放題! また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月1990円のところ31日間無料。 31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA