映画ブラックウィドウ延期によるMCUの影響や公開日は?フェイズ4のスケジュールに変更あり?

Pocket

マーベル最新作、映画「ブラック・ウィドウ」

5月1日(金)に公開予定だったブラック・ウィドウの公開延期が決定しました。

今回は延期内容について深堀りしていきたいと思います。

また、ブラック・ウィドウ延期により、他のMCU作品に影響はでるのか、フェイズ4のスケジュールに変更は出るのかについて見ていきたいと思います。

ブラック・ウィドウ 公開延期に

コロナウィルスの影響でハリウッド映画の公開延期が相次ぐ中、3月18日に、映画「ブラック・ウィドウ」の延期も発表されました。

5月1日(金)に上映開始が予定されていた今作。ディズニー/マーベル・スタジオが全米での公開延期を決定。

同じディズニーが配給する映画「ムーラン」のように新たに公開日は設けず、無期限延期のようです。

 

日本でも公開延期が発表されました。

スパイダーマン/ファーフロムホームから半年以上間が空き、MCUの最新作を待ち望んでいたファンの方は多かったでしょう。

ですから、この発表に対しショックを受けている人もいると思います。

ブラック・ウィドウの公開日はいつ?

無期限延期ということで、具体的なブラックウィドウの公開日は明らかになっていません。

コロナウィルスの感染が収まらない限り、大作映画の劇場公開はできないというのが現状でしょう。

 

しかし、今作がフェイズ4のスタートでディズニー+のドラマ配信も控えていることから、スタジオ側はならべく早くブラック・ウィドウを公開させたいはず。

ドラマ配信1作目の「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」が問題なく8月に始まる前提で考えると、7月くらいまでにはブラック・ウィドウを公開させたい気持ちがあるでしょう。

それくらいまでにはコロナウィルスの感染が縮小してくれることを願うしかないですね。

 

もし、ファルコン&ウィンター・ソルジャー配信日までに感染が収まらなければ、最悪ディズニー+での「ブラック・ウィドウ」の配信があるかもしれません。

他のMCU作品への影響は?

コロナウイルスの影響でフェイズ4の他MCU作品にどんな影響をもたらすのか、見ていきたいと思います。

ファルコン&ウィンター・ソルジャーは配信時期が遅れる?

サムとバッキーを主人公としたドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は8月からディズニー+で配信開始予定です。

映画館のようなコロナの感染拡大を防ぐため、配信開始が延期されるということはないでしょう。

 

しかし、ブラック・ウィドウの公開の延期が続けば、それに合わせて配信日が先送りになるというケースは考えられます。

また、コロナの影響で3月15日のプラハでの撮影が中断になったということから、予定通り8月に配信がスタートしないことも十分ありえますね。

エターナルズは問題なしか

11月6日に全米公開予定の「エタナールズ」は、2020年2月上旬に撮影が終了しています。

コロナウィルスの影響による撮影中止や延期はなかったようなので、予定通りに公開されると思われます。

 

この日がおそらくMCUのデッドライン。11月くらいまでに事態が収束。ブラックウィドウとファルコン&ウィンター・ソルジャーが公開及び配信しなければ、スケジュールは大きくずれるでしょう。

今まで綿密に計画を立ててきたマーベル・スタジオには、計画の立て直しが必要であると感じています。

ロキ、ワンダヴィジョン、シャンチーの撮影は一時中断

撮影が現在進行形で進んでいるドラマ作品の「ロキ」「ワンダヴィジョン」、映画作品の「シャンチー/ レジェンド・オブ・テンリングス」は、現在撮影が一時中断しているようです。

この3作品は、撮影がほとんど終わっていないと思われるので、コロナの影響で配信開始日や公開日が大幅に先送りになるでしょう。

 

2020年年内配信開始を予定したいた「ワンダヴィジョン」は早くても2021年春、ロキとシャンチーは2021の夏くらいまでの配信開始、劇場公開を目指して撮影や編集が進むのではないでしょうか。

MCU作品は、2021年、2022年も複数本映画やドラマ作品の企画を進められていますが、今回のコロナウイルスの影響で大きく先送りになると予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA