MCUフェイズ4でインフィニティ・ストーンはどうなる?ドラマ「ロキ」がカギになるか?

Pocket

フェイズ3までのMCU作品において、「インフィニティ・ストーン」が物語のカギとなり、作品やヒーロー同士をつなげる重要なアイテムでした。

はたしてインフィニティ・ストーンはMCUフェイズ4で再び登場するのか。その場合どんなアイテムになるのか予想していきたいと思います。

フェイズ3終了時点のストーンの行方を整理しながらまとめていきます。

 

注意
この記事では、アンジャーズ/エンドゲームまでのMCU作品のネタバレを含みます

フェイズ3終了時点のインフィニティ・ストーンの行方

まずは、フェイズ3の幕が閉じた段階で、インフィニティ・ストーンがどうなったのかについて。簡単にまとめると次のようになります。

  • オリジナルのタイムラインでは全てのストーンが消滅
  • 2012年から発生した別のタイムラインでロキがテッセラクトを所持

 

具体的にそれぞれのインフィニティ・ストーンの行方を、最後に登場したアベンジャーズエンドゲームの時系列を追いながら整理していきましょう。

インフィニティ・ウォーの2日後にストーンは消滅

2018年のインフィニティ・ウォー(IW)の戦いでサノスがすべてのストーンを集め指パッチンし、全宇宙の生命体の半分を消してしまいました。

半分が消えた日の2日後、「農園」と呼ばれる惑星でサノスが再び指パッチンをします。

そのことを知ったアベンジャーズは、彼がいる惑星を訪れます。しかし、このとき既にインフィニティ・ストーンはガントレットから消えていました。

サノスの発言で、彼が石を破壊するために指パッチンしたことで、ストーンは原子に戻ったことが明らかになります。

ですから、IWの戦いの2日後以降、オリジナルのタイムラインにはストーンは存在しません。

エンドゲームで過去に戻りストーンを回収

IWの戦いから5年後の2023年、スコット(アントマン)が量子世界から戻ってきました。彼の生還をきっかけに、タイム泥棒(過去に戻りストーンを回収し、指パッチンすることで消えた人々を復活させる計画)が実行されます。

アベンジャーズは手分けしてストーンを回収。ヒーローたちが回収したストーンと年代、場所は以下の通りです。

場所ストーンの種類
1970ニュージャージースペース
2012ニューヨークタイム/マインド
2013アスガルドリアリティ
2014モラグパワー
2014ヴォーミアソウル

ストーンを回収後、ナノガントレットに6つのストーンをはめハルクが指パッチン。消えた人々を取り戻すことができました。

ストーンは元の時間と場所に戻さなければならない

ブルース・バナー(ハルク)がタイム・ストーンを手に入れる過程で、エンシェント・ワンとのやり取りがありました。

 

彼女によれば、インフィニティ・ストーンが生み出す現実は「一つの時間の流れ」。ストーンを一つ取り除けば、その時点から別の時間の流れが生まれます。

仮にタイム・ストーンを取り除いた場合、新しく生まれた時間の流れではタイムストーンが存在しないことになると。

そして、その世界では闇の力と戦う武器(タイム・ストーン)を持たないことになり、何百万人もの犠牲者が出るとエンシェント・ワンが予想しました。

 

しかしバナーは、使い終わったストーンを元の時間に戻せば、オリジナルの時間軸には影響を及ぼさないと仮説を立てます。

彼女は、アベンジャーズが生き残り無事ストーンを戻すことができるのか疑問視するも、ドクター・ストレンジがサノスにストーンを渡した事実を知り、この方法にかけることにしました。

 

エンドゲームの最後の決戦で、トニー・スタークが犠牲になり、サノスからインフィニティ・ストーンを守ることができました。

ラストでスティーブが再びタイムスリップし、それぞれのストーンを元にあった時間に戻しました。

これにより、エンシェント・ワンが危惧していたストーンがその時点から消えることに新たな時間軸の発生は避けられたでしょう。

ロキとテッセラクト

しかし、アベンジャーズはスペース・ストーンがやどるテッセラクトの回収に一度失敗。この時点から別のタイムラインが発生したと言えます。

2012年のニューヨーク決戦に訪れたトニーとスコットが協力。テッセラクトを手に入れようとしますが、ここでハルクに邪魔されてしまい、スペース・ストーンはロキの手に渡ってしまいます。

そして、彼はテッセラクトを手に取りどこ変え消えてしまうのでした。

本来ロキは、決戦のあとアスガルドに捕まるわけですが、その未来がなくなったのです。

 

別のタイムラインでは、ロキがアスガルドに捕まらず、ダーク・ワールドやバトルロイヤルでソーと一緒に戦う未来もなくなっているでしょう。それから、IWでサノスに殺されるということもなくなっているかもしれません。

テッセラクトはというと、ニューヨーク決戦のあとにアスガルドに保管される予定でした。その後、バトルロイヤルでロキがこっそり持ち出してしまいます。そしてIWでサノスに渡すとといった流れでした。

なので、テッセラクトがロキの手に渡るという未来は変わっていないように思います。

エンドゲームでロキは逃げた&復活!?単独ドラマの時系列やキューブについて調査!

MCUフェイズ4でインフィニティ・ストーンはどうなる?

エンドゲーム後のストーンを今一度確認しておきましょう。

  • オリジナルのタイムラインでは全てのストーンが消滅
  • 2012年から発生した別のタイムラインでロキがテッセラクトを所持

 

フェイズ4のほとんどの作品は、オリジナルタイムラインのエンドゲーム後のストーリーで展開されると予想されるます。

ですから、インフィニティ・ストーンが消滅した以上、再びストーンが登場する可能性は低いと考えられますね。

 

ただ、サノスの「ストーンは原子に戻った」という発言から、誰かが原子から石を創造するかもしれません。

インフィニティ・ストーンを6つ集めれば全生命体の半分を消すことができるとわかった今、新たなヴィランがストーンを集めようと目論んでいてもおかしくないですね。

 

ドラマ「ロキ」に関しては、エンドゲームのロキの逃亡後が描かれると言われているので、テッセラクトは登場するでしょう。

別のタイムラインにいると思われるロキは、オリジナルのタイムラインにどのような影響を及ぼすのか、テッセラクトがどのような役割を果たすのか注目です。

 

今までは、世界観が異なる作品も、インフィニティ・ストーンがあるおかげで、ヒーロー同士を繋げてることができ、インフィニティ・ウォーやエンドゲームのようなオールスターヒーロー映画を作ることができました。

なので、これがなくなった、今後どのようにしてクロスオーバーさせるのか気になるところ。

ひとつはやっぱりマルチバースですかね。

エンドゲームで生まれた新たな時間軸とマルチバースの違いは?ドクターストレンジ2で明らかに!?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA