スカイウォーカーの夜明けに登場した2つのウェイファインダーとオチの短剣について解説! | ブリンク映画調査隊              
     

スカイウォーカーの夜明けに登場した2つのウェイファインダーとオチの短剣について解説!

Pocket

スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーに夜明けのキーアイテムとして登場したウェイファインダーと短剣。

今回はこの2つに焦点を当てて解説していきたいと思います。

注意
この記事ではエピソード9/スカイウォーカーの夜明けのネタバレを含みます

 

ウェイファインダー

ウェイファインダーとは

スカイウォーカーの夜明けに登場したピラミッド型でガラス質の緑色の物体をウェイファインダーと呼ばれるナビゲーション・デバイス。コンパスやGPSの役割があります。

ウェイファインダーはジェダイとシスの両方に存在し、それぞれ聖なるなる場所を示すデバイスとなっています。

 

ジェダイのウェイファインダーは、最初のジェダイ・テンプルが建てられた惑星オク=トー(最後のジェダイでレイが修行をした場所)を示していました。

ルーク・スカイウォーカーが弟子ベン・ソロ(カイロ・レン)に裏切られた後、最初のジェダイ・テンプルを探す旅に出ます。

そして、最終的にオク=トーについたのもこのウェイファインダーのおかげだと言われていますね。

オク=トーには石像がありませんでしたが、ローグ・ワンに登場した衛生ジェダにエクセゴルにあった石像と似たものがありました。

エピソード8/最後のジェダイ以前は、この惑星ジェダは最初のジェダイ・テンプルがあった場所ではないかと推測されていたほどジェダイにとって聖なる場所です。

 

対して、シスのウェイファインダーは、惑星エクセゴルにあるジェダイ・テンプルと似た宗教的な場所を示すものでした。

パルパティーンが待ち構えた場所に大きな石像が並んでいたのを見ても、シスの聖なる場所であることが伺えました。

スカイウォーカーの夜明けに登場した2つのウェイファインダー

今作に登場した2つのウェイファインダーはシスのもの。なのでどちらともエクセゴルの座標を示しています。

1つ目のウェイファインダーは映画冒頭でカイロ・レンが見つけましたね。

これはカイロ・レンの祖父ダース・ベイダーが所有していたと思われるものです。

彼がウェイファインダーを見つけた惑星ムスタファーは、エピソード3/シスの復讐でアナキンとオビワンの最後の決戦の地であり、ローグ・ワンでダース・ベイダーが登場した場所。

ですから、レンがウェイファインダーを見つけたところは、ダース・ベイダーのゆかりがある場所なんです。

 

そして、ウェイファインダーが収められていたところにひし形のような印が施されていましたが、これはシス・エーテルの紋章

シス・エターナルは、パルパティーンの信奉者によって構成されているカルト組織を指します。

映画終盤でレイとパルパティーンのやり取りを見つめる大勢の影がありましたが、おそらく彼らがシス・エターナルの連中でしょう。

彼らが、パルパティーン復活に導いたと考えることができますね。

エピソード9でパルパティーンはなぜ復活した?スノークの正体は何だったのか

ここでウェイファインダーを手にしたカイロ・レンは、自身のタイ・ファイターに取り付けパルパティーンのところへ向かいました。

 

2つ目はパルパティーン本人が所有していたともので、第2デス・スターの中に保管されていました。

エピソード6/ジェダイの帰還のエンドアの戦いで反乱軍によって破壊された第2デス・スターですが、エンドア星系の惑星ケフ=バーにその残骸が残っていました。

後に紹介する短剣の導きによってレイたちはケフ・バーにたどり着き、2つ目のウェイファインダーを見つけることに成功。

しかし、そこに居合わせたカイロ・レンに握り潰されてしまいました。

短剣

ウェイファインダーと同様、物語で重要なキーアイテムになった短剣。これについても掘り下げていきましょう。

オチが短剣でレイの両親を殺害

オチはシス・エターナルに所属していました。彼は孫を探すパルパティーンの司令でレイの両親のところに派遣されます。エピソード7/フォースの覚醒及び今作で登場した古い船はオチが所有していたもの。レイが両親と離ればなれになるシーンは、オチが彼女の両親をさらっていく場面だったのでしょう。

レイの両親は彼女の居場所を明かさなかったので、オチが持っていた短剣で殺されてしまいました。

レイたちが惑星パサーナで短剣を見つける

オチがレイの両親を殺害してしばらく経ったあと、彼はエクセゴルを探していたルークやランド・カルリジアンに目をつけられるようになります。そんな中オチは惑星パサーナで、砂丘に飲み込まれ帰らぬ人となりました。

オチと同じように砂丘にはまったレイたちは、そこで短剣と骸骨を発見。

短剣がウェイファインダーの在り処を示す

短剣には、ウェイファインダーの在り処を示す暗号が記されていました。しかし、C-3POでも翻訳できないシスの言語が使われており、その時は解読することができず。

レイたちは暗号を解読するため、ポー・ダメロンの提案で惑星キジーミに向かいます。そこでバブ・フリックと出会い、C-3POの後頭部をハッキングすることで、短剣から読み取ったシスの暗号を解読することに成功しました。

C-3POのメッセージでウェイファインダーは、エンドア星系にあることが判明。

エンドア星系の惑星ケフ・バーにたどり着くと、短剣の形が第2デス・スターの一部と重なり、ついにウェイファインダーの場所を見つけることができました。

 

ここをクリック

U-NEXTなら、31日間無料トライアル登録特典で付与される600ポイントでスターウォーズシリーズ1作品が無料で視聴可能です。

また、一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品13,000本以上を無料で視聴できます。

ビデオ見放題サービス月1990円のところ31日間無料。
(31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。)

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください 。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA